WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDIの「データシェア」、タブレットに加えて4G LTE対応PCも対象に

2013.10.09

Updated by Naohisa Iwamoto on October 9, 2013, 15:37 pm UTC

KDDIは2013年10月9日、4G LTEスマートフォンとタブレットをセットで使うと、タブレットの基本使用料が2年間1050円になる「データシェア」および「先取り!データシェアキャンペーン」の対象機器に、4G LTE対応パソコンを追加したと発表した。

「データシェア」「先取り!データシェアキャンペーン」の対象となる4G LTE対応パソコンは、ソニー製の「VAIO Duo 13」。13.3インチのディスプレイを搭載し、タブレットスタイルでもキーボードスタイルでも利用できるWindows 8.1パソコンである。4G LTE対応パソコンから専用サイトにアクセスし、新規契約と同時に本キャンペーンに申し込むことで割引が適用される。

「データシェア」は2014年春に開始予定のサービスで、4G LTEスマートフォンの7GBの月間データ容量と、タブレットやパソコンの専用プランの2GBの月間データ容量を、相互に分け合って利用できるプラン。また。データシェアが始まるまでは、「先取り!データシェアキャンペーン」を提供し、タブレットやパソコンは月間7GBのデータ容量を利用できる。いずれも最大2年間はタブレットやパソコンの基本使用料を月額1050円で利用できる。2年経過後は月額2992円となる。

また、「先取り!データシェアキャンペーン」対象外のユーザーが4G LTE対応パソコンを単独で利用する場合にも、最大2年間1150円を割り引く「LTEフラット for DATA(m)スタート割」が利用できるようになった。

【報道発表資料】
4G LTE対応パソコンを「データシェア」と「先取り!データシェアキャンペーン」の対象機種に追加

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。