WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

イー・アクセス、最新のAndroid 4.4を搭載した「Nexus 5」を発売

2013.11.01

Updated by Naohisa Iwamoto on November 1, 2013, 19:33 pm JST

20131101_em001.jpgイー・アクセスは2013年11月1日、Android OSの最新版「Android 4.4」を搭載したスマートフォン「Nexus 5(EM01L)」を発売すると発表した。Android 4.4は「KitKat」と呼ばれる最新OSで、Nexus 5は米グーグルが10月31日に発表したばかりの製品。国内で11月中旬に発売する。

Nexus 5は、LGエレクトロニクス製のスマートフォン。5インチのフルHDのIPS液晶、2.26GHzのクアッドコアCPUを搭載する。大型ディスプレイを搭載しながら、幅69mm、厚さ8.6mm、重さ130gと持ちやすいサイズと薄型軽量を実現した。光学式手ぶれ補正機能を搭載した800万画素のカメラ、NFC、ワイヤレス充電機能を搭載する。バッテリー容量は2300mAh。

通信方式としては、LTE(900MHz、1.7GHz、2.1GHz)、3GのW-CDMA(900MHz、2.1GHz)に対応する。UE Category4端末で、端末としては下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsの通信機能を備える。2013年10月時点のイー・アクセスのサービスでは、下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsの通信が可能だ。イー・アクセスでは、LTEとAXGP、3Gを含んだサービスを「EMOBILE 4G-S」と名付けて提供し、Nexus 5も「EMOBILE 4G-S」対応とうたうが、AXGPの通信には対応していない。

イー・アクセスでは、利用料金例として月額4615円でNexus 5の運用ができるとしている。 これは基本料金プランとして「4G-Sプラン」、ネット接続料の「EMベーシックパック-S」、月額3880円で5GBまでのパケット通信が可能な「データ定額3-S」を契約し、各種の割引と分割支払金を合わせた状態の金額。低廉な料金で最新のスマートフォンを入手できる。

【報道発表資料】
国内初、Android 4.4(KitKat)搭載スマートフォン「Nexus 5」を11月中旬に発売

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。