WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ソーラー・サングラス

2013.11.29

Updated by Kenji Nobukuni on November 29, 2013, 18:00 pm UTC

201311291800-1.jpg

2011年にファッション・ブランドのラルフ・ローレン(Ralph Lauren)は太陽光発電パネルのついたバックパックを売り出した。晴れた日ならiPhoneを3時間以内にチャージできたらしい。色は黒かオレンジ。価格は795ドル。

2013年、レイバン(Ray-Ban)のサングラスのテンプル(両サイドの「つる」の部分)にソーラー・パネルを取り付けたデザインが発表された。かつては、メガネ自体を目立たせないようにリムレス(縁なし)フレームで、テンプルの部分も細い物が流行していたが、最近はテンプル部分を強調した派手なデザインの物も多い。幅広のテンプルがソーラー・パネルになっていて、これをフロント部分から外すと充電端子が出てきて、これをiPhoneなどのデバイスに挿し込んで充電する。

このソーラー・サングラスはサンフランシスコにあるMiami Ad Schoolという広告学校で、インド系のデザイナーであるSayalee Kaluskar氏が作ったコンセプト製品。メディアの注目度が高く、価格と性能次第では本当に販売されるかもしれない。

【参照情報】
RAY-BAN - Product Innovation(デザイナーのウェブサイト)
Ray-Ban Shama Shades with solar panels would charge your iPhone
Ralph Lauren solar backpack gets a luxury price

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来