WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ドコモ、「ドコモメール」のマルチデバイス対応と迷惑メール対策を開始

2013.12.16

Updated by Naohisa Iwamoto on December 16, 2013, 19:00 pm JST

NTTドコモは2013年12月16日、クラウド型メールサービスの「ドコモメール」で2つの施策を発表した。1つは、ドコモメールをスマートフォンだけでなくパソコンなど複数の機器で利用できるようにするマルチデバイス対応。もう1つは、迷惑メールを自動的に判別する迷惑メール対策サービスの提供である。

▼ドコモメール(ブラウザ版)の画面イメージ20131216_docomo001.jpg

ドコモメールのマルチデバイス対応は、「ドコモメール(ブラウザ版)」の提供と、ドコモメールのIMAP4対応により実現する。ドコモメール(ブラウザ版)は、パソコンなどのWebブラウザでドコモメールを利用できるようにするもの。専用サイトにアクセスし、docomo IDとパスワードでログインすることで利用できる。デコメ絵文字などを使ったデコレーションメールをやり取りすることができるほか、複数の端末で同期した同じメール情報にアクセスできるようになる。またIMAP4への対応により、IMAP4に対応したメールソフトでドコモメールをやり取りできるようになる。メールソフトにdocomo IDとパスワード、接続先サーバーアドレスを設定することで利用できる。いずれもspモードの利用料は必要だが追加費用は発生しない。12月17日からサービスを開始する。

迷惑メール対策サービスは、「あんしんネットセキュリティ」のメニューの1つとして提供する。「迷惑メールおまかせブロック」の名称で、同じく12月17日に提供を始める。ドコモメールで受信したメールを解析することで、迷惑メールと判定したメールを自動的に専用フォルダに格納する。利用者が面倒な設定をすることなく、迷惑メールを分別できるようになる。「ドコモ電話帳」との連携機能も備え、ドコモ電話帳に登録されているアドレスからのメールだけをのみ受信したり、特定のアドレスのメールを迷惑メールと判定しないようしたりする設定も可能だ。利用にはあんしんネットセキュリティの月額料金200円がかかる。

【報道発表資料】
「ドコモメール」の機能拡充について
「迷惑メールおまかせブロック」を提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。