WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

音の力で夢の中へ?

2013.12.12

Updated by Kenji Nobukuni on December 12, 2013, 17:30 pm UTC

AIRSLEEP Travel Sleep System
201312121730-1.jpg

エアスリープ(Airsleep)は、iPhone、iPod、iPad用アプリで、旅客機の中など騒がしい環境でリラックスしたり熟睡したりするのを助けてくれる機能を持っている。

飛行機での出張が多い人を中心に旅客機の中の連続的な騒音を打ち消すノイズキャンセリング・ヘッドフォンを利用している人が増えているが、Airsleepは雨音、砂漠の風、波打ち際の音、環境音楽などを聴かせてリラックスさせる。

年内限りアプリは無料で、音源が3つ無料でついてくる。その他の小川のせせらぎや熱帯雨林の音、ノンレム睡眠時の脳波(デルタ波)などは有料(100円)。音や長さのカスタマイズも可能。

ただし、効果を保証するものではなく、あくまでエンターテインメント用という触れ込みになっている。飛行機の中だけでなく、新幹線や長距離バスでも、もちろん自宅でも、催眠効果の有無などを試すことはできる。

【参照情報】
Air Sleepのウェブサイト
Can't Sleep? This (Yawn) Might Work

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来