WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

コムキャスト、タイムワーナー・ケーブルを買収へ - 総額約450億ドル、株式交換で

2014.02.13

Updated by WirelessWire News編集部 on February 13, 2014, 16:31 pm UTC

米ケーブルテレビ最大手のコムキャスト(Comcast)が、同2位のタイムワーナー・ケーブル(Time Warner Cable:以下、TWC)を買収することが米国時間12日に明らかになった。

WSJによると、両社が合意した取引条件は一株あたり158ドル82セントでの株式交換で、総額では440億〜450億ドルの大型買収となる見込み。

この買収が成立した場合、新会社は全米の約3分の1にあたる3300万世帯の有料テレビ加入者を手にすることになる。そのため、米司法省(DOJ)や米連邦通信委員会(FCC)による厳しい審査が行われる公算が高く、一部の地域の事業を他社に譲渡することなどが求められる可能性もあるという。この点に関し、WSJでは、コムキャストでは市場占有率を「3割以下」に抑えるために、300万世帯程度の契約を手放す用意があるなどとする関係者の話を記している。

また、両社がテーブルテレビ網を使ったブロードバンド接続サービスを提供していることに加え、コムキャストが傘下にNBCユニバーサル(NBC Universal、テレビ局NBCや映画製作配給会社のユニバーサル・スタジオ(Universal Studioなどの持ち株会社)を保有していることから、いわゆるネット中立性に関連する部分で何らかの条件がつけられる可能性もあるという。なお、コムキャストによるNBCユニバーサルの買収に際しては、7年間にわたってサードパーティのコンテンツを差別しないなどの条件が課されていた。

TWCに対しては、同第4位のチャーター・コミュニケーションズ(Charter Communictions:以下、チャーター)と同社の筆頭株主であるリバティー・メディア(Liberty Media)のジョン・マローン(John Malone)氏が以前から獲得の意欲を示しており、これまで3度にわたって買収提案を行っていたが、いずれもTWCから拒否されていた。

またチャーターとコムキャストの間では、チャーターによるTWC買収をコムキャストが支援する見返りとして、買収成立時にはTWCの東海岸の事業をコムキャストが譲り受けるといった話についての協議も行われていたという。

TWCでは、チャーターによる敵対買収を懸念し、昨年からコムキャストへ売却話を持ちかけていた。両者の話し合いは断続的に行われてきていたが、最近になってチャーターによる買収提案が委任状争奪戦に発展することを懸念したコムキャストがTWCに改めて協議を持ちかけ、結局TWC側の希望条件(一株160ドル)に近い線で合意に至ったという。

有料テレビ市場全体で成長が頭打ちとなり、またスポーツ中継などを中心にコンテンツの獲得コスト上昇が続くなかでの業界再編という格好だが、ケーブルテレビ業界1位と2位との合併が実現すれば、通信やコンテンツ関連など他の分野にも大きな影響が生じる可能性が高い。

【参照情報】
Comcast Acquiring Time Warner Cable In All-Stock Deal Worth $45 Billion - WSJ
Comcast Said to Agree to $44 Billion Time Warner Cable Deal - Bloomberg
Comcast set to buy Time Warner Cable in all-stock deal CNBC

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG