WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ニューヨークのハイテク武装警官

2014.02.20

Updated by Kenji Nobukuni on February 20, 2014, 12:00 pm UTC

201402201200-1.jpg

(cc) Image by Giuseppe Costantino

ニューヨーク市警(NYPD)が、Google Glassのテストを行っている。数台のエクスプローラープログラム版(1,500ドル)を購入し、警察官のパトロールなどに活用できるかどうか試験を行うという。

運転中のGoogle Glass着用などで、どちらかというと装着を取り締まる側に見えていた警察官だが、今後は装着する側になるらしい。どのようなアプリケーションを活用するのか気になるところだが、詳細は明らかにされていない。グーグル社との共同プロジェクトということではなく、ニューヨーク市警の独自の評価のようだ。

警官が無線通信可能なハイテク機器を使うとなると、不審者などの身元照会などが考えられる。しかし、顔認識はプライバシー保護の点からGoogle Glass構想発表直後から問題視されており、現行のグーグル社の開発ポリシーでは顔認識アプリは正規版として扱えないので、少なくとも通常の流通チャネルでは販売できないらしい。しかし、市民にはニューヨーク市警の警官が装着しているGoogle Glassにどのようなアプリがインストールされているか知らされることはないのではないだろうか。

日本でも東京オリンピックの頃には、ウェアラブルで「武装」した警官が会場警備に当たったりするようになるのかも知れない。

【参照情報】
NYPD testing Google Glass as potential crime fighting tool
New York Police Department is beta-testing Google Glass

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来