WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

コンピュータ支援ブレインストーミングシステム 〜またはアイデアというものの意外な本質

2014.02.20

Updated by Ryo Shimizu on February 20, 2014, 05:21 am UTC

 ベンチャー企業の経営には常にアイデアが求められます。
 新製品の企画はもちろん、現状の製品の改善やクライアントの要望に対する冴えた解決策の提案、組織運営上の諸々の問題の解決案、営業案、プロモーション案、エトセトラ、エトセトラ。

 こうしたアイデアを求められた時、普通は経営者が一人で考えるか、何人かで集まってアイデアの出し合い、いわゆるブレインストーミングを行います。

 ブレインストーミングの目的は、様々なアイデアを発散的に産み出すことですが、これには多様性が重要です。

 そしてブレインストーミングで出された個別のアイデアを組み合わせ、さらに発想を広げます。

 アイデアの本質は、言葉そのものではなく、選び取る瞬間にこそあると、私は思っています。
 よく、「あれは私のアイデアだ」と言う人や、「あれは私も考えていた」という人に出会いますが、そういう人はたいてい、アイデアを言葉だと思っています。しかし、言葉の組み合わせを作るのは、誰にでもできるのです。そこにそんなに大きな意味はありません。機械にすらできることですし、機械のほうがむしろ上手にできるものなのです。

 アイデアの本質とは、そこではなく、ある言葉の組み合わせを「選びとる」ということと、それを実現(実装)する方法を筋道立てて考えることです。そこにこそアイデアの本質があると思うのです。

 組み合わせを考える時、既成観念に縛られない自由な発想を求める時、コンピュータの支援があると助けになる可能性があります。

 先週「ノンプログラマー・プログラミング講座2014」の授業の中で作った「80年代流行歌風歌詞自動生成システム」ですが、これは単なるキーワードの順列組み合わせによってそれっぽくしているだけです。

 興味深いのは、これはプログラムを作成した私自身が見ても楽しめるということです。
 というのも、無数のキーワードを鏤め、それを適切な順序で組み合わせることで、私自身も想像が付かなかったような組み合わせが出現し、多いに想像力を刺激されるからです。

 たとえばこんな歌詞が出来ます。

涙なんかいらない
大好きなWireless Wire News

どう思われてもかまわない
教えてよWireless Wire News

憂鬱な目をしてた
キミを追いかけて青函連絡船

懐かしいね
セーラー服だらけの新宿
涙なんかいらない
教えてよWireless Wire News
セピア色したWireless Wire News

 これは80年代の流行歌にありそうなフレーズやキーワードを大量に用意した辞書と、特定のキーワード(この場合はWireles Wire News)を組み合わせて歌詞のようなパターンに当てはめたものです。

 面白いのは、意外と即興で唄えること。

 このプログラムを応用して、例えばテレビ番組の企画案を考えるプログラムを書いてみましょう。

 ここにそのプログラムを書きました。

 結果はどうなるかというと

特報!ホームレスお嬢様の秘密
刑事津田大介の事件簿 ゆるふわ刑事24時
前代未聞!進撃の嫁姑戦争
津田大介検事 vs話題の事件簿
セレブに流行!話題のプリンス 津田大介とニューヨークの科学者
女子高生の間で大人気!渋谷系パープリン密着レポート
痛快無比!被災地で活躍する准教授の軌跡
女子高生の間で大人気!ワルな国会議員の素顔
名探偵 津田大介 正義の歯科衛生士の憂鬱
家政婦は見た!戦場の女教師と進撃の教授
津田大介犯科帳 ニューヨークの帝王と呼ばれた男
衝撃!歌舞伎町のスパイ24時
スクープ!禁断の就職活動
家政婦は見た!夜の官僚の素顔
悪徳商法にご用心!今、いっちゃんナウい悪代官
津田大介検事 vsイケメンカメラマン
衝撃映像!全米が泣いたグルメ
奥様必見!被災地で活躍するラーメン店に迫る!
奥様必見!イケメン小児科医
セレブに流行!カリスマデートスポットの憂鬱
津田大介検事 vs地獄から来た国税局
津田大介と引きこもり楽園の秘密
解決!神と呼ばれた嫁姑戦争の隠された真実
号泣!暗闇の歯科衛生士
奥様必見!引きこもりメンタリスト24時
ナイス!ワルなエスパー津田大介のお宅訪問
解決!戦場の産婦人科
快刀乱麻!被災地で活躍する少女密着レポート
女子高生の間で大人気!世界が認めたラーメン店
悪徳商法にご用心!蘇る針灸師
津田大介と禁断の秘書の起こした奇跡
奥様必見!夜の国税局密着レポート
売切御免!セレブな小説家のお宅訪問

 という具合で、なかなか赴き深いのです。
 テレビ番組の企画というと、常に完全にゼロから立てるというよりも、まずフォーマットやテンプレートのようなものがあって、そことブッキングできそうなタレントをあてこんでいくので、まずタレントの名前を入力して、そこに他の要素がどう絡むのか考えて行くという作業をコンピュータにやらせるのです。

 これ、人間が同じことをやろうとするとかなり辛いのです。
 というのは、根本的には意味のない言葉の羅列なので、どうしても偏りが生まれます。人間は、実は「完全に無作為に」というのは苦手なのです。そういう部分はコンピュータに支援させると一気に捗ります。

 また、このプログラムを書くという行為には別の良さもあって、このプログラムの中身は、キーワードが羅列されているわけですが、どんなキーワードを用意するとより「それっぽいか」ということを自分の頭の中で整理する役にも立ちます。

 新企画を考える時、発想法の基本として、「大きくしてみる」「速くしてみる」「小さくしてみる」「回転させてみる」という作法はよくあります。

 そこでキーワードをいくつか入力すると、勝手に発想法を使っていろいろなケースを想定するプログラムをここに書いてみました。

 試しに「enchantMOON」と「小学生」を入れると、こんな結果になりました。

壊れにくい小学生よりもむしろポケットに入るenchantMOON

恋愛向けenchantMOON

名刺サイズの通信機能付きのenchantMOON

持ち歩ける小学生

逆に壮年向け女性向けenchantMOON

相互に通信するenchantMOONよりもむしろ量子力学的な小学生

逆に中年男性向け畳めるenchantMOON

中年男性向けenchantMOON

洋風のenchantMOON

形而上的なenchantMOONよりもむしろ電力を使わない小学生

WiFi付きの小学生とWiFi付きのenchantMOON

タバコの箱サイズの和風のenchantMOON

逆にスカイツリーと同じ高さのツインのenchantMOON

独身女性向け小学生よりもむしろ就活生向けenchantMOON

無数のenchantMOON

新素材の小学生と独身男性向けenchantMOON

女子高生向けenchantMOONと無数の小学生

接続されたenchantMOONと独身女性向け小学生がモテそうなenchantMOONに

名刺サイズのenchantMOON

相互に通信するenchantMOON

たくさんの持ち歩けるenchantMOON

逆に町内一のセクシーな小学生

ふつうは小学生向けenchantMOONだけど、敢えての関西風のenchantMOON

逆に本能的な独身女性向けenchantMOON

A4サイズの小学生向けenchantMOON

無意識に使うenchantMOONよりもむしろ共有するenchantMOON

 いくつかは明らかに文がおかしいですが、たまに「A4サイズの小学生向けenchantMOON」などハッとさせられる表現もあります。

 全く同じプログラムに、例えばゲームの企画を考えようと思って「ドラゴン」「勇者」「姫」を入力するとこんな感じになります。

重量級の姫
本能的な勇者
先頭の姫とモテそうなドラゴン
小さなドラゴンよりもむしろNASAで開発された勇者
ふつうは中高生向け勇者だけど、敢えての二つの姫
チタンの姫と和風のドラゴン
巨大な姫よりもむしろ本能的なドラゴン
逆にそこら中にある男性向け勇者
逆にふつうのエコな姫
女子高生向け古めかしいドラゴン
就活生向け姫
ふつうは新素材のドラゴンだけど、敢えての最新の勇者
ふつうは論理的な意味での勇者だけど、敢えての関西風の姫
ダンボール製のドラゴンと持ち歩ける勇者
本質的な意味でのいつかみた姫
どこかでみたような物理的な姫
和風の軽い勇者
物理的なドラゴンと相互に通信する勇者がどこかでみたような姫に
無数の勇者と電動姫
独身男性向け姫と古めかしいドラゴン
論理的な意味での姫
ふつうはたくさんのドラゴンだけど、敢えてのエコな勇者
ふつうは等身大の姫だけど、敢えてのポケットに入るドラゴン
ふつうの日本一の姫
ふりまわせるドラゴンと日本一の勇者
軽い姫
逆サイドの姫とNASAで開発されたドラゴン
ふたつの姫

 ちょっと形容詞がモノ寄りなので変ですが、「NASAで開発されたドラゴン」には興味をそそられます。また、「軽い勇者」や「軽い姫」というのが性格の軽さを意味していると読み取れて、趣き深いものがあります。「本能的な勇者」もいいですね。

 こんな感じで、コンピュータにキーワードを入れて自動生成させ、そこからアイデアを得る、というのはプログラマー経営者なら誰でも一度はやったことがある遊びです。

 実際、私はとある企業から開発にとりかかるまえのオリエンで「ゲームに登場するアイテム500個を名前とパラメータ、仮でいいから用意してくれ、2時間以内に」という無茶苦茶な要求をされたことがあって、そのときはアイテムの名前とパラメータを自動生成するプログラムを組み、30分程度でキッチリ500個のアイテムリストを提出したことがあります。相手は無理だと思っていたみたいで、目を白黒させていましたが、無事プレゼンは通り、ゲームはリリースされました。もちろんリリース時にはちゃんと人間が手で調整したアイテムが入った状態で。

 真面目にやろうとするととてつもなく大変な仕事も、ピンポイントでプログラムの力を借りれば、一気に能率化することもあるのです。

 ノンプログラマー・プログラミング講座2014は、好評につき、春コースも募集が開始されました。もしご興味があればぜひどうぞ。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

清水 亮(しみず・りょう)

新潟県長岡市生まれ。プログラマーとして世界を放浪した末、 '17年にソニーCSLとWiL LLC.とともにギリア株式会社を設立し、「ヒトとAIの共生環境」の構築に情熱を捧げる。 '17年より東京大学先端科学技術研究センター客員研究員を兼務。著書として「教養としてのプログラミング入門(中央公論社)」「よくわかる人工知能 (KADOKAWA)」「プログラミングバカ一代(晶文社)」など。