WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

米でネットワーク中立性に赤信号 - ネットフリックス、コムキャストへの支払いに合意

2014.02.24

Updated by WirelessWire News編集部 on February 24, 2014, 16:27 pm UTC

米ネット動画配信最大手のネットフリックス(Netflix)が、ケーブルテレビ最大手のコムキャスト(Comcast)に対して、コムキャスト加入者へのサービス提供に関わるトラフィック配信料を支払うことで合意したことが米国時間23日に明らかになった。

ネットフリックスのトラフィックは現在、米国のインターネット全体の約3割を占めるまでに増大しているとされる。いっぽうコムキャストは、先ごろタイムワーナー・ケーブル(Time Warner Cable, TWC)を買収すると発表していたばかりで、TWCとの合併が実現すれば約3000万世帯の加入者を抱えることになる。

201402241630.jpg
Ars Technica

複数の媒体によると、コムキャストは以前からネットフリックスに対し、同社発のトラフィック増大に対応するための費用の負担を実質的に求めていた。だが、ネットフリックスはこの要求を拒否し、代わりに「Open Connect」と呼ばれる専用CDN用のキャッシュ・サーバーを各ISP事業者のデータセンター内に配備することを提案していたという。またとくに昨年半ばからは、コムキャストやベライゾン(Verizon)のFiOSサービスでNetflixサービスの配信速度が著しく低下したこともArs Technicaなどで報じられていた。

201402241631.png
Ars Technica

Washingtong Post(WaPo)などによると、ネットフリックスはこれまでコージェント(Cogent Communications)やレベル3(Level 3)といった第三者(バックボーン・プロバイダー)の回線を経由する形で、コムキャストやベライゾンなどのISP事業者にトラフィックを流していた。ただし、ネットフリックスの契約するバックボーン・プロバイダー各社とISP事業者とはピアリング("peering"、相互接続)の関係にあることから、どんなにネットフィリックス発のトラフィックが増えても、コムキャストなどへの支払は発生せずに済んだ。ただし、2010年後半には早くもコムキャストとレベル3の間で、ネットフリックスのトラフィックをめぐる軋轢も生じていた(レベル3側からコムキャスト側へ流れるトラフィックが一方的に増大したため)。

同様の問題はベライゾンとコージェントとの間でも生じており、コージェント経由で流入するトラフィックの増大を受けて、ベライゾンがコージェントとのピアリング関係を解消し、新たに費用の負担を求めたいとの考えを明らかにしたものの、コージェント側では支払いを拒否し、ネットワークの遅延が生じているという。

今回の合意を受けて、ネットフリックスはコムキャストに対してトラフィック処理の費用を支払うことになり、またネットフリックスはコムキャストのネットワークに直接接続できることになるという。

これまで無料でのネットワーク接続を求めてきたネットフリックスがコムキャストへの支払いに応じたことで、同社はAT&Tやベライゾン(Verizon)などの他のブロードバンドプロバイダとの間でも同様の契約が求められる可能性があるという。

なお昨年6月にはWSJで、グーグル(Google)、マイクロソフト(Microsoft)、フェイスブック(Facebook)といった各社が、ユーザーに高速・円滑なサービスを提供するために、主要なISP事業者にトラフィックの費用を支払っているという話が報じられていた。

Washington Postでは、これまでコムキャストをはじめとするエンドユーザー向けISPとネットフリックスをはじめとするコンテンツ事業者との間に、コージェントのようなバックボーン・プロバイダが複数存在し競争を続けていたことで、接続費用は安く保たれ、ネットワークの中立性が保たれてきたと指摘。その上で、今回の契約に代表される直接接続の流れがネットワーク中立性を損なう可能性があるとして警鐘をならしている。

いっぽう、GigaOMでは今回の両社の合意は、厳密にいうとネットワーク中立性のルールの違反には当たらないとした上で、ネットフリックスのようなコンテント・プロバイダーがISP事業者に支払う費用のツケがいずれは消費者に回される可能性があるほか、新興のネット事業者にとっては事業参入コストが高まり、資金力で勝る既存大手各社が有利になる、といった弊害も懸念されるなどとしている。

【参照情報】
Netflix Agrees to Pay Comcast to End Traffic Jam - WSJ
Comcast's deal with Netflix makes network neutrality obsolete - WaPo
Confirmed: Comcast and Netflix have signed a paid peering agreement - GigaOM

What happened in Vegas: Comcast, Netflix peering agreement talks got serious at CES - GigaOM
The Netflix-Comcast agreement isn't a network neutrality violation, but it is a problem - GigaOM
Having problems with your Netflix? You can blame Verizon - GigaOM
Peering pressure: The secret battle to control the future of the internet - GigaOM
The Real Story Behind the Comcast-Level 3 Battle - GigaOM

Netflix performance on Verizon and Comcast has been dropping for months - Ars Technica
Netflix packets being dropped every day because Verizon wants more money - Ars Technica
For Web Firms, Faster Access Comes at a Price - WSJ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG