WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDI研究所、日本語音声合成ソフト「N2」の声質を計20種類に、様々な用途の音声合成に対応

2014.06.19

Updated by Naohisa Iwamoto on June 19, 2014, 20:41 pm UTC

KDDI研究所は2014年6月19日、同社が提供している日本語音声合成ソフトウエアの「N2」(エヌツー)に新バージョンの提供を同日から開始したと発表した。これまでの2種類の声質から、一気に20種類の声質で音声合成が可能になる。

N2は、統計的な手法に基づく「HMM」(隠れマルコフモデル)を用いた音声合成方式で、スマートフォンなどの携帯端末上でも音声合成が可能な高速処理性と省サイズ性を実現した、日本語音声合成ソフトウエア。出力サンプリング周波数をCDの44.1kHzに近い32kHzまで広帯域化したことで、クリアな音声合成が可能といった特徴がある。すでにKDDIのサービス「おはなしアシスタント」や、自動車運転中の利用を想定したスマホアプリなどで利用されている。

これまでは男声、女声で各1種類の声質での音声合成だったが、新バージョンでは新しく18種類の声質を追加し、合計20種類の声質で音声合成が可能になった。追加されたのは、一般的な読み上げ用途を想定した男声5種類(男声A)と女声4種類(女声A)、エンターテインメント的な応答などを想定した個性的な声質の男声4種類(男声B)と女声5種類(女声B)。サービスやアプリなどで、用途に応じた合成音声を利用できるようになる。

【報道発表資料】
日本語音声合成ソフトウェア「N2」2種類の声質に新たに18種類の声質を追加

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。