WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ブラックベリーとアマゾンが提携 - 24万種類のAndroidアプリをBlackberry端末に提供

2014.06.19

Updated by WirelessWire News編集部 on June 19, 2014, 12:15 pm UTC

ブラックベリー(BlackBerry)がアマゾン(Amazon)と、スマートフォン・アプリ関連で提携したことが米国時間18日に明らかになった。アマゾン「Appstore」で取り扱うAndroidアプリを利用することで、伸び悩むBlackBerryアプリの品揃えを拡充するねらいがあるという。

この話題を採り上げたWSJによると、「BlackBerry 10」(BB10)端末向けアプリの品揃えはいまのところ約13万種類で、すでに100万種類を超えたiOSやAndroidからは大きく水をあけられている状況。ブラックベリーでは「Appstore」で提供されている24万種類以上のKindle OS向けアプリも利用可能にすることで、この差を少しでも縮めたい考え。このために、同社は今後BB10に「Appstore」アプリを搭載し、簡単にAndroidアプリをダウンロードできるようにしていくという。

現在経営の立て直しを進めるブラックベリーは、法人顧客向けのセキュリティ関連機能の強化やアプリ開発などに経営資源をシフトしており、コンシューマ向けの取り組みに重点を置くアマゾンとの提携は「完璧な組み合わせ」と同社のジョン・チェン(John Che)はWSJにコメントしている。

【参照情報】
BlackBerry Confirms Deal With Amazon to Gain Access to Appstore - WSJ
BlackBerry Is Bringing Over 200,000 Amazon Apps to Its Phones - Yahoo(Reuters)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG