WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ケイ・オプティコムの「mineo」、1GBを850円などへ値下げ、エントリー向け京セラ製端末「LUCE」投入

2014.12.18

Updated by Naohisa Iwamoto on December 18, 2014, 22:14 pm UTC

ケイ・オプティコムは2014年12月18日、同社の低価格な携帯電話サービス「mineo」の料金改定や新端末について発表した。料金は2015年2月に1GBプランを現行の980円から850円にするなど、値下げを行う。端末は、エントリー層向けに低価格な設定をした「LUCE KCP01K」(京セラ製)を12月24日に市場に投入する。

発表会に登壇したケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループ グループマネージャーの津田和佳氏は、「6月3日のサービス開始から約6カ月で4万2000件を突破した。初年度10万件の目標に向かって、必要なものを必要なだけ提供するというコンセプトの元で、料金改定と新端末の提供を実施する」と語った。

▼料金改定を発表するケイ・オプティコムの津田氏20141218_mineo001.jpg

料金は、基本データ容量が1GBのプランが現行の980円から850円に、2GBプランが1580円から980円に、3GBプランは容量を4GBに増やし2330円から1580円に値下げする。ケイ・オプティコムでは、1GBのパケットギフトキャンペーンを11月から2015年1月まで実施しており、その延長線上の施策と言える。MVNO他社がエントリー向けのプランを2GBに増量させて提供する中で、あえて1GBプランを残して料金を値下げすることについては、「1GBパケットギフトキャンペーンを実施している11月でも、約7割のユーザーが1GB以下の利用にとどまっている。他社に追随するのではなく、1GBプランを値下げしてユーザーニーズに応える選択をした」(津田氏)。

また、1GBタイプで契約したユーザーには、初月に1GBの容量をプレゼントする施策も提供する。初月にどのぐらい使うかを確認し、翌月に1GBのままか2GBへ変更するかを選べるものだ。

▼エントリー層に向けた低価格スマートフォン「LUCE」(京セラ製)20141218_mineo002.jpg

新端末は、京セラ製の「LUCE KCP01K」。端末代金は、一括払いの場合で3万3600円、分割払いの場合は月額1400円×24回。「音声通話付きの1GBプランが2月以降は1460円になる。LUCEと合計して2860円と2000円台で提供することにより、低料金で利用したいエントリー層の要望に応えた」(津田氏)。LUCEは、4.5インチのqHD(540×960ドット)ディスプレイを搭載したスマートフォン。CPUは1.2GHzのクアッドコア、カメラは800万画素/200万画素と、スペック的には格安スマホに採用されている他の端末と同レベルだ。一方、防水、防塵だけでなく耐衝撃性能も高めた実際の安心性能、京セラ独自のスマートソニックレシーバーによる音声の聞き取りやすさといった使い勝手を備え、低価格でも日本メーカー製の端末としての魅力を提供する。

今後の施策としては、2015年1月中旬にユーザーとの交流を目的としたファンサイトを開設し、ユーザーとより良いサービスを作り上げる仕組みを整える。また、2015年2月には、直近3日で500MBを超えた場合の速度制限を撤廃、春には高速データ通信の「オン」「オフ」を切り替えられる「ターボ機能」を提供する。さらに、春以降には家族以外に余った容量をプレゼントできる「パケットギフト」サービスも提供予定だという。

【報道発表資料】
「mineo(マイネオ)」新料金・新端末の提供開始およびお客様利便性向上施策の実施について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。