WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アプリックス、iOS 8のスマートホーム規格「HomeKit」対応のBLEモジュールを提供

2014.12.24

Updated by Naohisa Iwamoto on December 24, 2014, 19:14 pm JST

アプリックスIPホールディングス(アプリックス)は2014年12月24日、米アップルがiOS 8に搭載したスマートホーム規格「HomeKit」に対応したBLE(Bluetooth Low Energy)モジュールを開発したと発表した。2015年に全世界の家電メーカーに向けて提供を開始する。

HomeKitは、家電や家の照明、カギ、監視カメラなど家庭内の機器をiOS機器からコントロールできるようにするスマートホームの規格。これまで、HomeKitに対応した製品としては、Wi-Fiを利用して通信する製品や、Wi-Fiで接続した機器がZigBeeなど他の通信方式を使って家電機器などと通信するブリッジ方式を採用するがあった。しかし、セットアップの複雑さや消費電力の多さ、通信モジュールの調達費用などに課題があった。アプリックスでは、HomeKitに対応したBLEモジュールを提供することで、これらの課題の解決を目指す。アプリックスによればHomeKit対応のBLEモジュールの提供は、世界で初めてとなるという。

アプリックスが開発したBLEモジュールは、モジュール単体での機器セットアップ、ユーザー管理、複数機器の一括操作、時間指定操作予約、Siriを使った家電操作、電子錠といったHomeKitの機能を利用できる。アプリケーションは、アップルが提供する開発環境で開発が可能だ。

アプリックスでは、HomeKit対応のBLEモジュールを、スマートホームやホームオートメーションに対応する機器を製造する家電メーカーなどに提供。家電機器などとネットワークサービスを融合させて価値を提供するといった、新しいソフトウエアビジネスの基盤の1つとして市場拡大を目指す。

【報道発表資料】
アプリックスIPホールディングス 世界初!HomeKit 対応 BLE モジュールを開発

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED TAG