WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+の周波数帯拡張を開始、CAで220Mbpsが利用可能に

2015.02.12

Updated by Naohisa Iwamoto on February 12, 2015, 17:31 pm JST

UQコミュニケーションズは2015年2月12日、同社が提供するWiMAX 2+サービスの周波数帯域拡張を栃木県真岡市で開始したと発表した。これにより、対応機種を使うことでキャリアアグリゲーション(CA)による下り最大220Mbpsのサービスを利用できる準備が整う。

UQコミュニケーションズのWiMAXとWiMAX 2+のサービスは、これまでWiMAXに30MHz幅、WiMAX 2+に20MHz幅を割り当ててサービスを提供してきた。今後、WiMAX 2+の周波数帯域拡張を実施することでWiMAX 2+に40MHzを割り当てて、現行のWiMAX 2+が提供する下り最大110Mbpsの倍となる下り最大220Mbpsのサービスを提供する。一方、WiMAXは40Mbpsから13.3Mbpsに減速する。

2月12日にWiMAX 2+の周波数帯域拡張が実施されたのは栃木県真岡市周辺のエリアで、今後、全国に順次展開していく。CAで下り最大220Mbpsの通信が可能な端末は、モバイルルーターの「Speed Wi-Fi NEXT W01」。3月末に実施する予定のファームウエアのアップデートで、CAに対応する計画だ。

【報道発表資料】
WiMAX 2+周波数帯の拡張開始について 本日、栃木県真岡市からスタート

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。