WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

グーグル、「Android Wear」OSのアップデートをリリース

It is time to leave your phone at home

2015.04.21

Updated by WirelessWire News編集部 on April 21, 2015, 13:44 pm JST

グーグル(Google)が米国時間20日、同社のウェアラブル端末向けOS「Android Wear」のアップデートをリリースした。同ソフトウェアにはWi-Fi接続や手書きの絵文字認識、ジェスチャーコントロールなどが追加され、これまでで最大のアップデートとなっているという。

最新OSは、LGが今月リリースする新型スマートウォッチ「LG Watch Urbane」に搭載されるほか、既存の7機種のAndroid Wear端末についても一部機能を除いて今後数週間でアップデートが施されるという。

主な新機能については以下のとおり。

  • これまでBluetoothで接続されていたスマートフォン経由でのネット接続をWi-Fiから直接接続可能にするWi-Fi接続機能(対応するハードウェアを搭載する端末に限られる)。スマートフォンで接続したことのあるWi-Fiネットワークの場合、パスワード入力は必要ないが、初めて接続するネットワークの場合はスマートフォンでの事前接続が必要。
  • ユーザーが手書きした絵文字を認識して、対応する絵文字に変換してテキストメッセージやメッセージアプリなどの返信に使える手書き絵文字機能。SMSや「Whats App」、「hangout」などに対応する。
  • 画面をスワイプしてアプリリストや使用頻度の高いのアプリ・連絡先などにアクセスするジェスチャーコントロール機能。
  • スマートウォッチを装着した手首をスナップしてアプリや「Google Now」の通知にアクセスする機能。
  • スマートウォッチを利用していない時にアプリの画面をモノクロにし、バッテリー使用を抑える節電機能。まずは「Google Maps」、メモアプリ「Keep」が対応するが、サードパーティ製アプリにも今後対応する見込み。

emoji_500

【参照情報】
Android Wear’s biggest update ever takes aim at the Apple Watch - The Verge
Android Wear Smartwatches to Get Wi-Fi Support, Always-On Apps - Re/code
Android Wear Update Adds Wrist Gesture Controls and Wi-Fi Support - WSJ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら