WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

エリクソン、欧州3か国でアップルを提訴 - FRAND特許のライセンス条件折り合わず

Ericsson sues Apple over technology license payments

2015.05.11

Updated by WirelessWire News編集部 on May 11, 2015, 13:12 pm UTC

スウェーデンのエリクソン(Ericsson)が欧州時間8日、ドイツ・イギリス・オランダの3か国でアップル(Apple)を提訴した。アップルがエリクソンに特許ライセンス料を支払わないまま、エリクソンの特許技術を使った製品を販売しているとして、アップルにライセンス契約の締結と使用料の支払いを求めているという。

エリクソンは声明のなかで、同社が特許を持つ2Gおよび4G/LTE関連の技術について、アップルと2年以上前から交渉を続けてきたものの、両社の間で合意に至らなかったことから今回提訴に踏み切ったなどとしている。また紛争の対象となっているのはいわゆる「FRAND特許」に分類されるもので、公平かつ妥当な条件でのだという。

アップルとエリクソンは今年1月に米国で、LTE関連の特許ライセンス条件をめぐる訴訟を互いに起こしていた。その際にアップル側は、当該技術が含まれる製品全体の価格を規準とすべきとするエリクソン側の主張はおかしいとし、代わりに当該技術を含むプロセッサの価格を基準にすべきと主張。それに対してエリクソンでは「当事者同士の話し合いでは解決の見込みが立たないため、第三者の判断を仰ぐべきと判断した」などと述べていた。

この話題に触れたReutersでは、エリクソンが今回の訴訟に勝った場合、アップルは20億〜60億スウェーデンクローナ(2億4000万〜7億2500万ドル)の特許使用料を毎年支払うことになる可能性があるとしている。

【参照情報】
Ericsson asserts patents against Apple in Germany, the UK and the Netherlands - Ericsson
Ericsson Sues Apple in Europe Over Phone Patent Royalties - Bloomberg
Ericsson extends patent suits against Apple to Europe - Reuters

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら