WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップルのWWDC開幕

アップルのWWDC開幕 - 3つのOSアップグレードを発表

Apple's iOS, Mac OS X, and watchOS will be updated

2015.06.09

Updated by WirelessWire News編集部 on June 9, 2015, 12:09 pm JST

アップル(Apple)の開発者向けカンファレンス「Worldwide Developer Conference」が米国時間8日にサンフランシスコで開幕し、iOS、Mac OS X、watchOSのそれぞれについて新バージョンが発表された。

今年秋にリリース予定の「iOS 9」には、「Proactive」と呼ばれる新しいアシスタント機能が追加される。同機能はSiriの学習機能をベースにしたもので、文脈に応じてリマインダーなどを表示するというもの。デモのなかでは、毎朝ジョギングをする習慣のあるユーザーの場合、決まった時刻にiPhoneにヘッドフォンを指すと自動的に楽曲が再生される例などが実演された。またマルチタスク機能も変更が加えられ、一部のiPadでは2画面分割表示も可能になる。そのほか、「Maps」アプリでは一部の都市圏で乗り換え情報が提供されることになる。またApple Payにはポイント機能が実装され、それに伴い従来の「Passbook」アプリが「Wallet」に名称変更になるほか、同カードの英国で展開開始も発表された。さらにOS全体の効率化やバッテリー持続時間の延長などの予定も明らかにされた。

「OS X」新バージョンの名称は「El Capitan」で、システム全体のパフォーマンスの向上とユーザーエクスペリエンスのリファインメントのふたつが目玉とされている。前者については画面表示速度が最大で5割程度向上、また新システムフォント「San Francisco」の採用、「Mission Control」の変更、2つのウィンドウを並列表示する「Split View」の追加、そして検索機能「Spotlight」の強化などが行われ、アプリ間のファイルの取り回しなども従来に比べて容易に行えるようになるという。

「Apple Watch」用OSの新バージョン「watchOS 2」では、外部開発者でもネイティブアプリの開発が可能となり、動作の高速化に加えて、「Digital Crown」「Taptic Engine」などを利用したアプリの開発も行えることになるという。また「Digital Crown」を操作して先の予定や変更などを知ることが可能な「Time Travel」機能や、充電中に置き時計としても使える「Nightstand Mode」機能、時計画面の文字盤(watch face)の背景にタイプラプス動画やユーザーの好みの画像を選べる機能なども追加されるという。

なお、3つのOSのリリース時期については、正式版がいずれも今年秋で、「iOS 9」と「OS X El Capitan」については7月にパブリックベータ版が配布予定。また開発者向けのベータ版ならびにSDKはすでに公開済み。

【参照情報】
Apple Previews iOS 9 - Apple
Apple Announces OS X El Capitan with Refined Experience & Improved Performance - Apple
Apple Previews New Apple Watch Software - Apple
Apple announces iOS 9, release later this year - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら