余ったパケットをユーザー間で融通し合える「フリータンク」、mineoが提供

2015.12.16

Updated by Naohisa Iwamoto on 12月 16, 2015, 18:32 pm JST

20151216_k-opti001ケイ・オプティコムは2015年12月16日、全国のmineoユーザーが余ったパケットをシェアして利用できるようにする新機能「フリータンク」の提供を発表した。また、コミュニティサイト「マイネ王」の投稿やコメントに対してパケットをプレゼントする「チップ」も提供する。

フリータンクは、全国のmineoユーザーでパケットを共有できるようにする機能。mineoでは、これまでも余ったパケットを家族や知人と分け合える「パケットシェア」「パケットギフト」といった機能を提供してきたが、フリータンクは不特定多数のmineoユーザー間でのパケットの融通を可能にする。利用には、コミュニティサイト「マイネ王」の会員登録が必要だが、条件はこれだけ。余ったパケットをフリータンクへ入れる際は、回数や時期の制限はなく月間合計10GBまでを入れることができる。一方、引き出す際は、毎月21日から末日までの期間に月間2回、合計1GBまでを引き出すことができる。

チップは、マイネ王の投稿やコメントに対して、「いいね」ボタンを押すような感覚でパケットをプレゼントする機能。チップ1回につき、自分のパケット10MBを相手にプレゼントする。mineoのユーザー同士の交流の活性化を目指したもので、マイネ王の会員ならば回数、容量の制限なく利用できる。

ケイ・オプティコムはこのほか、同日に2つの発表をしている。1つは2015年7月にグランフロント大阪に出店した「mineoアンテナショップ」のリニューアル。12月17日にリニューアルを行い、店頭での即日契約ができるようになった。また2015年6月に提供を始めたデータ容量節約アプリ「mineoスイッチ」に、Android端末で利用できるウィジェット機能を追加する。アプリを立ち上げることなく利用状況などの確認が可能になる。12月17日に提供を開始する。

【報道発表資料】
携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」通信業界の常識を破る「フリータンク」提供開始および「mineoアンテナショップ」での即日契約開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。