WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル(Google)傘下の英ディープマインド(DeepMind)が開発した人工知能(AI)ソフトウェア「AlphaGo」と、現在世界最高の棋士とされるイ・セドル(Lee Sedol)氏との対局が今月の9日から韓国のソウルで行われていることは既報のとおりだが、13日に行われた第4戦でイ氏が初めて勝利を収めている。

AlphaGoとイ氏の対局では、韓国時間9日の初戦でAlphaGoが歴史的勝利を飾った後、10日ならび12日の対局でもAlphaGoが連勝して、5戦シリーズでの勝ち越しを決めていた。

13日の第4戦は、イ氏が「ふがいないゲームだった」と見直した第2戦と同じような形で始まり、AlphaGoが序盤をリード、イ氏の持ち時間が少なくなるなかで、AlphaGoは余裕をもった試合運びをしているように見えたという。しかし、 イ氏の78手目を境にゲームは大きく動き、その後 対局が始まってから約5時間の後にAlphaGoが投降。ディープマインドの創業者であるデミス・ハサビス(Demis Hssabis)氏は「(AlphaGoは)順調に対局を進めていると考えていたものの、87 手目で混乱した」と話し、「この後、79 手目にミスを犯していたことに気づいた」と説明している。

なお、AlphaGoとイ氏の最終戦は韓国時間15日に予定されている。

【参照情報】
Go champion Lee Se-dol strikes back to beat Google's DeepMind AI for first time - The Verge
Go Grandmaster Lee Sedol Grabs Consolation Win Against Google’s AI - Wired
Defeated Go world champion beats DeepMind AI in penultimate match - TechCrunch

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG