WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル(Google)は米国時間29日、同社が米国の一部地域で展開する光ファイバーサービス「Google Fiber」を利用した新たな固定電話サービス「Fiber Phone」を発表した。様々なサービスを提供する他のブロードバンド事業者やケーブル事業者に対抗する狙いがあると目的と見られる。

「Fiber Phone」の加入者は月額10ドルで国内通話がかけ放題となり、国際通話も「Google Voice」と同水準の料金で利用可能。またユーザーはこれまでの固定電話番号をそのまま引き継ぐことができるほか、番号がクラウド上で管理されるため、外出先などからスマートフォンやタブレット、ノートPCを使った発信・受信も可能。さらに、Google Voiceと同様にボイスメッセージをテキストに変換しSMSやEメールに送信することも可能だという。

グーグルは同サービスについて、Google Fiber提供エリアの一部で開始するとしており、また将来的にはすべての提供地域で展開したい考えだという。

Google Fiberは現在オースチン(テキサス州)、カンザスシティ(カンザス数・ミズーリ州)、プロボ(ユタ州)、アトランタ(ジョージア州)の4都市で提供されており、またソルトレークシティ、サンアントニオ、サンフランシスコなど7都市での提供準備も進んでいる。さらにポートランド、ロスアンゼルス、サンディエゴ、シカゴなど11都市での提供も検討されている。

2016001020
(via VentureBeat)

【参照情報】
Google Fiber just announced a home phone service inspired by Google Voice - The Verge
Google unveils Fiber Phone, a $10/month home phone service coming to
all Fiber cities
- VentureBeat
Google wants to make your landline phone useful again - CNET

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら