DeNAとPFN、AI技術活用の企業向けソリューション活用に向け合弁会社を設立

2016.07.15

Updated by Asako Itagaki on 7月 15, 2016, 07:04 am JST

株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)と株式会社Preferred Networks(PFN)は、ディープラーニングや高度な機械学習などの最先端AI技術を活用した企業向けソリューションおよび消費者向け商品・サービス等の提供を目的とした合弁会社を設立する。

新会社である株式会社PFDeNAでは、DeNAのインターネットサービスを通して蓄積したデータや複数事業領域での経験と、PFNのAI技術を組み合わせることでDeNAおよび顧客企業が持つデータ価値の最大化をはかる。

DeNAは既存の事業領域でのAI技術活用および、他社へのAI技術活用ソリューションの販売が可能になる。PFNはAI技術活用に必要なデータへのアクセスが可能になることで、AI技術研究の進展および応用範囲拡大をはかる。

▼PFDeNAウェブサイト(https://pfdena.com/)より
20160715-PFDeNA

事業領域としては、ゲーム、ヘルスケア、自動車関連の他、大規模データを扱う産業を検討していくとしている。

【報道発表資料】
DeNAとPreferred Networks、人工知能技術を用いた 企業向けソリューションを提供する合弁会社PFDeNAを設立

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。