WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル

アップル、AI関連ベンチャーのトゥーリを推定2億ドルで買収

2016.08.08

Updated by WirelessWire News編集部 on August 8, 2016, 12:22 pm UTC

アップル(Apple)が、人口知能(AI)関連の技術開発を手がけるトゥーリ(Turi)というベンチャー起業を推定2億ドルで買収したとする情報筋の話を、Bloombergなど複数の媒体が米国時間5日に報じた。

グラフラボ(GraphLab)やダトー(Dato)という名前で運営されていたこともあるトゥーリ(本社米シアトル)は、マシンラーニングを活用したソフトウェアやサービスの開発・管理をサポートしているベンチャーで、他にもリコメンデーションエンジンの開発や詐欺の発見、ユーザーの利用パターンの分析や新たなユーザーのターゲッティングなどに活用できるシステムを提供しているという。

この話題を報じたGeekWireでは、アップルがトゥーリの技術をどのように活用するかなどは現時点では不明としながら、同社が音声アシスタント「SIri」や関連技術の開発を通じてAIに注力してきていることを指摘。またBloombergでは、トゥーリの技術がSiriに活用される可能性があるとする情報筋の話も紹介されている。

いっぽうRecodeでは、トゥーリの創業者でCEOを務めるカルロス・グエストリン(Carlos Guestrin)氏という人物が、ワシントン大学に籍を置くマシンラーニングの著名な研究者(肩書きは「Amazon Professorship of Machine Learning」)であることや、同氏が主催するカンファレンスの評価が高く、今年7月にサンフランシスコで行われた同カンファレンスには数百人の専門家が参加していたことなどを紹介している。

アップルは今年1月に表情認識技術を開発する米エモティネント(Emotinent)を買収。ほかに、ディープラーニングを活用した画像認識のパーセプティオ(Perceptio)、発話認識技術のボーカルIQ(Vocal IQ)、顔認識・分析技術のフェイスシフト(Faceshift)といったAI関連ベンチャーを買収していたことも報じられていた。

【参照情報】
Exclusive: Apple acquires Turi in major exit for Seattle-based machine learning and AI startup - GeekWire
Apple Buys AI Startup Turi for About $200 Million - Bloomberg
Apple is buying a Seattle-area startup to get smarter about artificial intelligence - Recode

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら