コネクテッド・カー イメージ

トヨタとNTTがコネクテッド・カー向けICT基盤の研究開発で協業

2017.03.27

Updated by Asako Itagaki on 3月 27, 2017, 16:25 pm JST

トヨタとNTTは、コネクテッドカー分野での技術開発・検証および標準化を目的とした協業を行う。

トヨタ持つ自動車に関する技術やノウハウと、NTTグループ各社が持つICTに関する技術やノウハウを共有する。車から得られるビッグデータを活用して、事故や渋滞などの社会的課題の解決や、新たなモビリティサービス提供に必要な技術の研究開発に取り組む。具体的には以下の4つの分野を対象とする。

(1)データ収集・蓄積・分析基盤
多数の車から受信する大量の車両情報等のデータ収集、蓄積、大容量データの配信、収集したビッグデータのリアルタイム分析処理を実現する基盤を構築運用する技術の創出
(2)IoTネットワーク・データセンター
車のユースケースを想定した大容量データを安全確実に週配信するためのグローバルインフラの設計。
(3)次世代通信技術
車を想定した最適な移動通信システムの在り方の検討・検証を通じ、5Gの自動車向け標準化の推進とエッジコンピューティング技術の適用性を検証。
(4)エージェント
AIを活用した社内外の環境理解による運転アドバイス、音声インタラクション技術等を組み合わせ、ドライバーに快適なサービスを提供する技術を開発。

両社は将来の持続可能なスマートモビリティ社会の実現をグローバルな視点を持ってめざす。コネクティッドカー分野における代表的なサービスの実現可能性やサービス性の評価のために、2018年に実証実験を実施する予定。

【報道発表資料】
トヨタとNTT、「コネクティッドカー」向けICT基盤の研究開発に関する協業に合意

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。