WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

信頼の基点が揺らぐIoT時代のトラストサービスとは--DX Security Week Day1

2021.02.17

Updated by Naohisa Iwamoto on February 17, 2021, 14:52 pm JST

IoT時代が現実のものとなり、様々なデバイスがネットワークにつながって、情報の入出力を担うようになった。そうした中で新型コロナウイルスの感染拡大が、在宅勤務などのテレワークの普及を後押しした。すなわち、従来のように「社内ネットワークは安全」「社外からつなぐところを守れば社内は保護される」というセキュリティの考え方が成立しなくなってきた。

そこで、すべてのデバイスやネットワークといった物理的な存在だけでなく、リソースを使うためのアクセスの一つひとつすら信用できないものとしてセキュリティ対策を施す、ゼロトラストセキュリティの考え方が急速に広まってきた。しかし、信頼の基点をどこにおいてシステムを設計したらいいのか、IoTデバイスのライフサイクル管理をどのように実施したらいいのかなど、疑問は多岐にわたる。

そうした中で、ライブ感を重視したオンラインイベント「JAPAN Security Summit : DX Security Week(LIVE)」の Day1では、「不確実な時代に求められる、ゼロトラストを前提としたトラストサービスとは」をテーマに下記のセッションを開催する。セッションを通じて、ゼロトラストセキュリティ導入への課題と解決策のヒントを見つけてもらいたい。

「参加登録いただければ、当日のタイミングが合わない場合でも、一定期間登録者特典として見逃し視聴のURLをご連絡しますので、ご都合の良いときにDX Security Week(LIVE)のセッションをご確認いただけます」

NIST SP800-207(ゼロトラストアーキテクチャ)を踏まえたエンドポイントセキュリティの最前線

●2021.03.01(月)10:00-11:00
●タニウム Chief IT Architect CISSP、CISA 楢原 盛史氏

Society5.0時代になり、ますます混沌とするIT環境。適切なガバナンスを実現し、迅速な意思決定のためにも必要な「可用性」「安全宣言」「説明責任」を果たすことは経営側の責務とも言えるものです。本セッションではグローバルなリーディングカンパニーであるタニウムより、「サイバー・ハイジーン(衛生管理)」の重要性およびリアルタイムかつ網羅的な可視化や制御を実現するプラットフォームをご紹介します。

・参加費:無料
・参加登録:登録ページへ

デジタルの力を最大限活用するためのカギとは?トラストなDXの実現例のご紹介

●2021.03.01(月)15:00-16:00
●NEC デジタルプラットフォーム事業部 主任 三輪 春奈氏

デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向け、多くの企業でIoTの導入が進められている一方、IoTデバイスがサイバー攻撃の標的となるリスクが高まっています。このような状況において、国際標準に基づいた、デバイスの真正性担保および機器の製造~導入~運用~廃棄に至るライフサイクル管理が求められています。ではいったいどのようにして安全なIoTの運用管理を実現したらよいのか、NECの担当者がそのヒントをお伝えします。

・参加費:無料
・参加登録:登録ページへ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。