WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ヘルスケア オンライン 診療 イメージ

アマゾン、バーチャル医療サービス「Amazon Care」の全米展開を計画(他2本)

DX News April 1st week,2021

2021.04.02

Updated by Wataru Nakamura on April 2, 2021, 07:00 am JST

米ユタ州、GET Groupのデジタル運転免許証をテスト【Biometric Update.com 3/31】
デジタルID関連企業のGET Group North  Americaは先ごろ、デジタル運転免許証規格「ISO 18013-5」に準拠する同社のデジタルIDのプライバシーおよびセキュリティに関するトライアルがユタ州で実施されると発表。同社のモバイル運転免許証(mDL)はユーザーが自らのIDデータを完全に制御でき、必要に応じて民間企業と共有できるもので、トライアルの成功後にはユタ州の200万人のドライバーが利用可能になる見込みだ。

原文:Utah trials GET Group’s digital ID in mobile driver’s license pilot

アマゾン、バーチャル医療サービス「Amazon Care」の全米展開を計画【Fierce Healthcare 3/17】
アマゾンは先ごろ、同社が2019年にシアトル地域で開始した従業員およびその家族向けのバーチャル医療サービス「Amazon Care」の拡大を発表。同サービスはオンラインと対面での診療、処方箋の配達を組み合わせたものだが、このうちオンライン診療の部分は今夏に自社の全米の従業員のほか、国内の他企業にも利用可能にするという。また、対面診療については今後数カ月でワシントンDCおよびボルチモアに拡大することも明かしている。

原文:Amazon plans to expand Amazon Care virtual health service nationally to employees, other companies

グーグル、Android端末のデジタルキーやデジタルIDとしての活用を促進する新たな企業連盟を結成【Ars Technica 3/27】
グーグルは先ごろ、耐タンパー性を持つAndroid端末のデジタルキーやデジタルIDとしての日常的活用を促進する新たな企業連盟「Android Ready SE Alliance」を結成。グーグルがSE(Secure Element、改ざん防止機能を持つハードウェア)ベンダーらと協力するこの企業連盟は、デジタルキーや電子パスポート、モバイル運転免許証など、Android端末の新たな用途での活用促進を目指す。

原文:Google wants to get digital keys and mobile IDs working on Android

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。