LATEST NEWS

ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足

2017年3月22日 ダイキン工業株式会社 人の生体情報を用いた新たな価値づくりに向け、ソフトバンク・テクノロジー、青山キャピタルと連携 ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発 […]

2017.03.22

IoT国際競争力は主要10カ国中で第3位、「スマート工場」や「スマートシティ」に力

総務省は「IoT国際競争力指標」を策定し、公表した。この指標によれば、IoT国際競争力指標の日本の総合ランクは米国、中国に次ぐ第3位だった。

2017.03.21

行動パターンを学習してアラートを出す子供の位置情報追跡タグ

Wakidスマートウォッチは、スペインのMyWiGo社(2013年設立)の子供向けスマートウォッチで価格は80ユーロ(約9,800円)。主な市場がヨーロッパ、アフリカ、中南米なので日本では知られていないが、2015年から […]

2017.03.15

理研AIPが東芝・NEC・富士通とAI研究で連携センターを開設

2017年4月から2022年3月までの5年間で人工知能関連の基盤技術創出を目指す。

2017.03.10

リハビリから車両管理、米びつの状況まで、IoTの実証、実用が進展

この1週間、様々なIoTの実証や商用サービスの実施の話題がアナウンスされた。ウエア型センサーによるリハビリのモニタリング、LPWA(Low Power Wide Area)による除雪車管理、新興国の自動車管理へのIoTの活用、そして家庭の米びつの管理と、その適用範囲は幅広い。

2017.02.07

IoTを活用した防災や救急医療の実証実験が続々

IoTを公共性の高い分野で活用するための実証実験の発表が相次いでいる。KDDIと明電舎は都市水害対策にIoTを活用する実証実験の実施を発表した。また一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)はドローンやIoTを使った救急医療の実証実験の実施を発表している。

2017.01.19

在宅患者の服薬状況をIoTで管理、神戸大、DNPなどが実証試験

在宅医療による薬の治療で重要となるのが、服薬状況の正確な把握だ。患者の自己申告や訪問時の事後確認では、不確実な情報しか得られず、結果として不要な追加投薬や残薬が発生している可能性がある。こうした在宅医療の服薬状況管理の課 […]

2017.01.12

オムロン 活動量計 HJA-405T カロリスキャン 1月20日発売

階段上りや早歩き歩数を測定し、それらの測定データを、iPhoneやAndroidスマートフォンにBluetooth通信で簡単に転送して専用アプリ「OMRON connect」で管理することができる活動計。

2017.01.11

国立病院機構仙台西多賀病院が東北地方では初となる 最先端治療ロボットスーツ「HAL医療用」を導入

平成28年12月21日 国立病院機構仙台西多賀病院 国立病院機構仙台西多賀病院が東北地方では初となる 最先端治療ロボットスーツ「HAL医療用」を導入 筋ジストロフィーや神経難病患者等の歩行障害改善に更なる期待 国立病院機 […]

2016.12.26

アップルの「AI研究に関するスライド」からわかるもの(QUARTZ)

アップルによる人工知能関連の研究内容を断片的に伝える話がQUARTZに載っていた。今年10月にアップルのAI研究責任者に就任していたラスラン・サラクディノフ(カーネギーメロン大の研究者)らがプレゼンの中で使っていたというスライドに触れたもので、普段はあまり表に出てこない類の情報としてなかなか興味深い。

2016.12.09

ARCHIVES