WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

タンク 装置 産業 イメージ

FCNTとTRIPLE-1、屋外利用を想定したローカル5Gシステムの相互接続試験を実施

2022.04.22

Updated by WirelessWire News編集部 on April 22, 2022, 09:23 am JST

FCNTとTRIPLE-1は2022年4月18日、ローカル5Gネットワークとスマートフォン型デバイスおよびカメラ型デバイスの相互接続性試験を完了したと発表した。防水防塵対応など屋外仕様に対応した複数のデバイスとローカル5Gシステムを使い、無線接続によるデータ疎通や映像伝送など実利用を想定した接続性を確認した。今回の試験結果を元に、両社はローカル5Gビジネスで積極的に協業し、ローカル5G市場の立ち上げと市場拡大に取り組んでいく予定だ。

TRIPLE-1のローカル5Gネットワークは、Sub6帯を利用し、5G専用の機器のみで構成するスタンドアローン(SA)方式を採用している。機器が屋外対応(防水・防塵規格IP65準拠)しており、悪天候や砂埃などが舞い上がる過酷な屋外環境でも、ローカル5Gの特徴である「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」をフルスペックで利用できるように製品を設計している。

一方、今回相互接続性を試験したFCNTのローカル5G対応デバイスはスマートフォン型の「FCNT SD01」とカメラ型の「FCNT AW02」という2種類である。FCNT SD01はローカル5G事業に取り組む30社以上の企業へ提供し、総務省の2020年度「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」および2021年度「課題解決型ローカル5Gなどの実現に向けた開発実証」をはじめとする実証で活用されている。

FCNT AW02は最大4Kの映像配信が可能なネットワークカメラで、ローカル5Gに加えキャリアが提供する公衆5GやLTE、Wi-Fiなどの無線通信も利用している。スマートフォンをベースに開発することで、カメラデバイスの中で様々なエッジAI処理ができる。さらに、専用の冷却構造や死活監視・自律再起動機能などを備えることで、24時間365日の安定稼働を実現する。内蔵バッテリーを搭載し、防水防塵にも対応することで屋外利用も可能だ。

[リリース]
FCNTとTRIPLE-1、複数のローカル5Gデバイスで相互接続性試験を完了

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら