WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ラスベガス 郊外 住宅街 イメージ
工場 オートメーション ロボット イメージ
中国 空 スマートフォン イメージ
韓国 高速道路 自動車 イメージ
モバイル ネットワーク 通信 イメージ

LATEST NEWS

ドコモ、海外事業者向けにオープンRAN仮想化基地局の検証環境を拡充

NTTドコモは2022年9月28日、異なるベンダーの機器を組み合わせて通信ネットワークを構築する「オープンRAN」の検証環境に、新たな構成の仮想化基地局を追加すると発表した。

2022.10.05

ラスベガス市とNTT、米国最大のローカル5G網構築へ

米ネバダ州のラスベガス市は、米国内最大のローカル5G網をNTTと構築する。複数の媒体が報道した。新たなローカル5G網は、地元の企業や政府、教育機関などが利用できるオープンなプラットフォームになる見込みで、市民や観光客に向けた様々なソリューションの展開に活用される。

2022.10.04

LG、6G向けテラヘルツ波の都市部での商用化に向け新たな一歩

韓国のLG電子は、6Gでの活用が期待されるテラヘルツ波(155G-175GHz)を用いて、屋外環境で320mの通信距離での無線データ送受信実験に成功したと発表した。

2022.09.22

米コーク・インダストリーズ、ローカル5G向けセキュリティのOne Layerに投資

米複合企業のコーク・インダストリーズは、プライベートLTE/ローカル5G向けのセキュリティ・ソリューションを手がけるイスラエルのOne Layerに650万ドルを投資した。

2022.09.20

中国の衛星インターネット企業Galaxy Space、新規調達で評価額2,000億円超に

北京に本拠地を置く衛星インターネット企業のGalaxy Spaceは9月7日、新たな資金調達の完了を発表した。調達額は明かされていないものの、同社の評価額は11億元(約2,270億円)に達したという。

2022.09.14

現代自とKT、6G自動運転など次世代モビリティ技術開発で提携関係拡大

韓国の現代自動車(ヒョンデ)とKTは、未来のモビリティ技術の開発に向けた戦略的提携の強化を発表した。両社は7,500億ウォン(約770億円)規模の株式交換を実施し、6Gを活用した自動運転技術や次世代エアモビリティ(Advanced Air Mobility:AAM)に向けた衛星ベースの通信インフラの開発などで協力する。

2022.09.12

世界の5G契約数、約6億9000万件に到達(エリクソン報告書)

ほかにも、同レポートには、世界の携帯通信市場のトレンドに関して様々な興味深い数字が紹介されているのでいくつか紹介する。

2022.09.06

サムスン、韓国の5つの組織にローカル5Gソリューションを提供へ

このプロジェクトは、韓国のローカル5Gエコシステム推進を目指す政府の取り組みの一環。国内のローカル5G専用周波数帯である4.7GHzおよび28GHzを活用し、エネルギーや安全、水資源管理、医療などの分野で次世代ユースケースを探る。公共部門3組織、民間部門2組織との協力を計画している。

2022.09.02

ノキア、ローカル5G網構築でインドのアダニグループと交渉

アダニグループは今年8月、インドで実施された5G周波数帯オークションで26GHz帯の400MHzを21億2000万ルピー(約37億円)で落札。インド国内では携帯通信事業者以外で唯一周波数帯を取得した企業となっていた。

2022.08.30

東南アジアのローカル5G市場、2030年に19億3000万ドル規模に

AIおよびその他のスマート接続デバイスの利用拡大、デジタルシフトによる高速インターネット・ニーズの高まりが市場の成長を促進。一方、セキュリティへの懸念や導入コストの高さが成長を抑制する要因。

2022.08.25

ARCHIVES