WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

表面的な歴史観を修正する、テクノロジーの補修論的転回

2022.12.07

Updated by WirelessWire News編集部 on December 7, 2022, 07:09 am JST

※本稿は、モダンタイムズに掲載された記事の抜粋です。科学技術社会学を研究する福島真人氏が、光の当たらない科学技術の重要性を指摘しています。

最先端だけが歴史を紡ぐのか?

国際賞をとった著名な建築家の「作品」がテレビで紹介されることがある。現代建築史を多少かじったものとしては、ああこれがあの偉い先生の建物か、と感慨深く観ることがあるが、たいてい横で見ている嫁さんの評は思いの外険しい。「この大きなガラス、どうやって拭くのかしら」「こんな変な形だと、掃除しにくそう」「きっと隅に埃がたまっている」と散々である。生来きれい好きとはいえ、世界的建造物に対する彼女の批評の厳しさは新鮮な驚きである。

だがよくよく考えると、著名建造物についての一般人の評価には、こうした厳しいものも少なくない。授業で欠陥デザインについて扱った時、複数の学生があげた例は、震災時に窓が開かず研究者が困ったという、著名建築家による某大学の有名ホールである。過去をさかのぼれば、評論家の江藤淳は、かつて70年代大阪万博の際に丹下建三設計の空気構造の屋根の雨漏りに対して「雨露すらしのぐことができずに、いったい何の前衛建築であろうか」と厳しく論難している。

また『全地球カタログ』の編集で有名なブランド(S. Brand)による『建物はいかに学ぶか』という、増改築を含めた建築物の発展と変遷についての独創的な本があるが、学ぶのは建物そのものであるという意味のタイトルである。この本の中で、彼もまた一般人と建築家の間の意識が最も食い違うのは雨漏り問題だと奇しくも指摘しているのである。

もちろん設計と施行は別だという言い訳もありうるが、論じたいのはその点ではない。掃除といい雨漏りの補修といい、建築についてのこうした視点は、実は近年のテクノロジー論のある種の新動向と深く関与している。

科学技術社会学(STS)は、科学技術と社会の絡みあいを研究する分野として近年急速に発展してきたが、当初は世間を騒がせる社会問題化した科学技術に注目する傾向が強かった。その典型が遺伝子組み換え食物(GMO)やナノテクノロジー等の勃興によって引き起こされた騒動の分析である。先端科学技術によって、社会にどういう影響が現れるのかわからないという不安が、こうした騒動の裏にあり、STSはそこに着目したのである。

先端科学技術に対する関心は、何もSTSに限らない。ある種の定番化した歴史記述では、新興技術が社会変化の主要な推進力になるという暗黙の視点から、先端技術中心の歴史になっているケースも少なくない。例えばテクノロジーの歴史を、ある技術が別の先端技術に取って代わられる過程の繰り返しとして描くといった慣習がその例である。近年のデジタル技術についての歴史的回顧でも、こういう最先端の連鎖という語り口はよくみられるパターンである。

興味深いことに、こうした動向に対して近年修正の動きが目立ってきたのも事実である。それは最先端で変化の激しい部分のみならず、より日常的で、あまり人の目を引かない科学技術がどのように機能しているのか、という点についての関心の高まりを象徴している。掃除や雨漏り(補修)の話は、まさにそうした新たな関心を象徴するため言及にしたものだが、これらを広くは「メンテナンス問題一般」とでもいうことができる。

この記事の全文を読む

福島真人氏の記事をもっと読む

「本当のDX」を考えるウェブメディア『モダンタイムズ』創刊「本当のDX」を考えるウェブメディア『モダンタイムズ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG