WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

横浜商科大学が1700台のスマートフォンを無償貸与、全学生・教職員対象は国内初

2010.03.31

Updated by WirelessWire News編集部 on March 31, 2010, 11:40 am JST

横浜商科大学 つるみキャンパス
201003311140-1.jpg

横浜商科大学は3月30日、全ての在学生と教職員を対象にiPhone 3GSを1700台導入し、同時にソフトバンクBBが提供するクラウド型次世代ラーニングシステム「A'OMAI(アオマイ)」を整備すると発表した。

iPhone 3GSは学内メールシステムとの連携、出席管理、就職情報システムとの連携など、大学生活のコミュニケーションインフラとして活用すると同時に、「A'OMAI」の端末としても活用する。また同時に、キャンパス全体のWi-Fi環境の整備にも取り組む。

同大学は商学科、貿易・観光学科、経営情報学科の3学科からなり、専門性と実学を重視した教育を掲げている。iPhone 3GSの導入により、最新のモバイル機器でモバイル・コミュニケーション・ネットワーク社会を体感できる環境を整備することで、急速に進化する社会のICT基盤の変化に適応した人材を育成し、また学生のキャンパスライフの充実と向上を目指す。

スマートフォンを学生に貸与している例としては、青山学院大学社会情報学部、日本電子専門学校ゲーム企画科、同ケータイ・アプリケーション科(2010年4月開設)の例があるが、全学生・教職員に無償貸与する事例は横浜商科大学が国内初となる。

この春、Android搭載の携帯電話が各社から出揃い、一般消費者からもスマートフォンへの関心が高まっている。市場の急拡大が予想される今、シェアを広げたいキャリアの思惑と、教育へのICT活用で他校との差別化をはかりたい大学・専門学校の思惑が一致し、今後教育現場へのスマートフォンの導入事例が増えそうだ。

【報道発表資料】
横浜商科大学の全学生・教職員を対象にiPhone 3GSを1,700台導入し、クラウド型の次世代ラーニングシステムA'OMAI(アオマイ)を整備。大学教育における先進的なICT基盤を推進。(PDF)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら