WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ウィルコム、HSUPAに対応したWILLCOM CORE 3Gデータ通信カード「HX006ZT」を発売

2010.04.20

Updated by WirelessWire News編集部 on April 20, 2010, 11:30 am JST

WILLCOM|HX006ZT
201004201130-1.jpg

ウィルコムとウィルコム沖縄は4月19日、NTTドコモのFOMA網を利用したデータ通信サービス「WILLCOM CORE 3G」専用のデータ通信カード「HX006ZT」(ZTE製)を4月22日に発売する。HX006ZTはHSUPAに対応したデータ通信カードで、下りは最大7.2Mbps、上りは最大5.7Mbpsの高速データ通信w実現する。

個人向けのWILLCOM CORE 3G対応データ通信カードとしては、「HX003ZT」に続く2機種目。HX003ZTはHSDPAのみの対応で、下りの最大7.2Mbpsに対して、上りが最大384kbpsと制限があった。HX006ZTはHSUPA対応で、上りも最大5.7Mbpsと高速なアップロードが可能になった。microSDカードスロットを搭載し、最大2GBまでのmicroSDカードを挿すことでUSBメモリーとしても利用できる。

価格はオープン。全国のウィルコムプラザおよびオンラインショップのウィルコムストアでは、「W-VALUE SELECT」を使うことで、購入価格2万2680円(分割の場合は945円×24カ月)に対して、945円×24カ月のW-VALUE割引が適用され、実質負担額は0円で利用できる。

【報道発表資料】
「WILLCOM CORE 3G」専用データ通信カード「HX006ZT」の販売開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら