WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

総務省のICTタスクフォース、ワイヤレスブロードバンド実現に向けて周波数検討ワーキンググループを発足

2010.04.28

Updated by WirelessWire News編集部 on April 28, 2010, 11:50 am JST

▼第10回会合 「ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数検討ワーキンググループ」について(PDF)
201004281150-1.jpg

総務省のグローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォースは、4月27日に第10回会合を開催した。この中で、ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数検討ワーキンググループを設置することを決めた。

ワーキンググループでは、世界最先端のワイヤレスブロードバンド環境を実現するため、携帯電話などの利用状況や標準化などの国際的な動向を踏まえ、周波数を確保するための方策を検討する。具体的には、ICTタスクフォースの「電気通信市場の環境変化への対応検討部会」の下に、学識経験者からなるワーキンググループを置くことになる。5月に第1回会合を開き、7月を目途に取りまとめる計画である。

また、この日の会合では、4月20日に開催された第9回のヒアリングを受けて、「光の道」実現への基本的な考え方の案が提示された。超高速ブロードバンド基盤の整備に関しては、未整備の10%の世帯に対して競争環境の中で民間主導による整備を基本とすることを再度確認した。加えて、利用率向上に向けての課題として、手頃な料金でブロードバンドが利用できること、およびキラーコンテンツやキラーアプリケーションの確保が必要としている。

【報道発表資料】
グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース「過去の競争政策のレビュー部会」

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら