WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ケニアのサファリコムが4Gテストを計画 - LTEを採用か

2010.04.05

Updated by WirelessWire News編集部 on April 5, 2010, 11:20 am UTC

201004051120-1.jpg

(cc) Image by Erik (HASH) Hersman

アフリカのケニアで4Gのトライアルが計画されている。

ケニア政府と英ボーダフォン(Vodafone)の合弁会社(出資比率60:40)で、ケニア最大の携帯電話会社であるサファリコム(Safaricom)が、2010年後半に4Gテストを実施する計画だと、ロイターなどが伝えている。具体的な実施時期や、採用する技術については明らかにされていないが、同社がボーダフォン傘下であることから、WiMAXよりもLTEが選ばれる可能性が高いと思われる。サファリコムの基地局はケニア全体に500あり、同社では今年中にこれを倍増させる計画で、2億9700万ドルを投じてデータ通信インフラストラクチャの拡張とアップグレードする予定だという。

2000年にはわずかに1万7000人だったサファリコムの加入者は、2007年には780万人を超え、2010年1月には約1200万人にまで増加。現在では1500万件のSIM契約があるという。

ケニアにはザイン・ケニア(Zain Kenya)、エッサールズYU(Essars YU)、オレンジ・ワイアレス(Orange Wireless)など他の携帯会社も存在するが、サファリコムが最大であり、3Gを提供しているのも同社のみ。3Gユーザは350万加入ほどいるそうだ。

サファリコムCEOのマイケル・ジョセフ(Michael Joseph)氏は、Eラーニング、電子投票、遠隔医療を人々に届けるためにアフリカが世界で最も4Gを必要としているとしており、また同社のネットワークは2年以内にフルIP化が完了する予定という。ケニアでは携帯電話機の価格は数千円程度で、月額の通話料も低いが、利用料の支払い方法はプリペイドが基本らしく、同社の収益性は良好とこのこと。

なお、10年間に渡って同社を率いてきたマイケル・ジョセフ氏は2010年中に引退することを表明している。

【参照情報】
Kenya's Safaricom says to test 4G later in 2010 (Reuters.com)
Safaricom plans 4G testing (Global Telecoms Business)
Kenya phone firm now aims for 4G (CAPITAL BUSINESS)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら