WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

4月の携帯電話契約数、ソフトバンクが純増首位に復活

2010.05.13

Updated by WirelessWire News編集部 on May 13, 2010, 10:20 am JST

2010年04月末現在 事業者別契約数
201005131020-1.jpg

電気通信事業者協会(TCA)は5月12日、4月末の携帯電話・PHSの事業者別契約数を発表した。携帯電話の純増数では、ソフトバンクモバイルが21万6000の増加で3月の純減から首位に復活した。

携帯電話の契約数は合計で1億1271万4800で前月比0.5%の増加だった。事業者別に見ると、NTTドコモが15万4500の純増で5623万6700契約、KDDIが10万3100の純増で3197万5500契約、ソフトバンクモバイルが21万6000の純増で2209万2600契約、イー・モバイルが5万8200の純増で241万契約となった。ソフトバンクモバイルは、3月には2G携帯電話のPDC方式の停波に伴ない12万1400の純減を記録したが、4月には1月以来の純増首位の座を取り戻した。

プリペイド契約は、全体では1万6000の純増。ソフトバンクモバイルが2万2000の純増と1社だけ数値を伸ばしているのに対して、他社はそれぞれNTTドコモが200、KDDIが4300、イー・モバイルが1400の純減となっている。

PHSのウィルコムは7万4900の純減で、403万7600契約となった。2008年には460万契約を超えたが、5月には400万契約の維持がぎりぎりの数字にまで追いつめられている。一方、ブロードバンドワイヤレスアクセス(BWA)のUQコミュニケーションズは2万3400の純増で、17万3700契約となった。

【報道発表資料】
2010年04月末現在 事業者別契約数

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら