WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDIが夏モデル発表、全機種防水などユーザビリティにこだわり

2010.05.18

Updated by WirelessWire News編集部 on May 18, 2010, 10:20 am UTC

KDDIは5月17日、2010年夏モデルのau携帯電話の新製品を発表した。夏モデルとして新たに発表したのは10機種。同時発表のデジタルフォトフレーム1機種と、すでに発表済みのスマートフォン「ISシリーズ」の2機種を加えて、13機種がauの夏モデルとなる。

新製品10機種に共通したコンセプトは「基本機能の強化でユーザビリティを徹底追求」したこと。強化点として6つのポイントを挙げる。それは「防水」「選べるキーパッド」「高機能カメラ」「高画質映像」「進化したソーラーフォン」「スリムカラー&シンプルケータイ」だという。

新製品10機種すべてが防水対応になった点が第一のポイント。同社の調査によると、携帯電話ユーザーの8割近くが「水で困ったことがある」という。夏モデルは全機種防水のラインアップで、このニーズに応える。

▼全機種防水をアピールするチョコレートファウンテンならぬ「ケータイファウンテン」
201005181020-1.jpg

次の選べるキーパッドとは、日立コンシューマエレクトロニクス製の「beskey」に選択式の3枚のキーパッドを付属させたこと。ユーザーの打ち方を研究したところ、1つずつポツポツと押して行く「決め打ち」、キーパッドの上を指が滑るように打つ「流し打ち」、両手を使う「両手打ち」の3パターンに分類できることが判明。それぞれに使いやすいキーパッドを用意して、ユーザーごとの使いやすさを追求した。

▼キーパッドを変更できる「beskey」を手にするKDDI取締役執行役員常務の田中孝司氏
201005181020-2.jpg

このほか、高機能カメラでは、1300万画素カメラを備える「EXILIMケータイ CA005」に加え、1210万画素の[Cyber-shotケータイ S003」「AQUOS SHOT SH008」を投入。また、高画質映像にこだわった「REGZA Phone T004」「BRAVIA Phone S004」は、新プラットフォームのKCP3.0を搭載した。ソーラーフォンの「SOLAR PHONE SH007」は、これまでのSH002が10分の充電で1分の通話だったのに対して、2分の通話ができるように改善された。7色カラー展開の薄型スライドモデル「SA002」、折りたたみ式の「簡単ケータイ K005」と通話専用の「簡単ケータイS PT001」もラインアップした。

さらに、メールに添付された写真をスライドショーで閲覧できるデジタルフォトフレーム「PHOTO-U SP01」を提供。PHOTO-Uには基本料が月額390円でパケット通信料込でも最大780円の専用プランを用意する。また、Wi-Fiチップを内蔵したmicroSD形式の無線LANカード「au Wi-Fi WINカード」の提供も表明した。KCP3.0を搭載した「REGZA Phone T004」「BRAVIA Phone S004」で利用できる。

【報道発表資料】
au携帯電話の新ラインナップ発売について
auのデジタルフォトフレーム向け専用料金プラン「PHOTO-Uプラン」の提供等について
「Wi-Fi WIN」を利用できる「au Wi-Fi WINカード」の発売について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら