WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

スターバックスに続け - ニューヨークの地下鉄でも無料WiFi提供を検討

2010.06.21

Updated by WirelessWire News編集部 on June 21, 2010, 11:26 am JST

201006211126-1.jpg

(cc) Image by Jan-Erik Finnberg

ニューヨークは古くからWi-Fiが熱い街だ。2006年にはセントラルパークなど市内10ヶ所の公園で無料の無線LANが利用可能になった。ホットスポットは無数にあるし、最近ではAT&Tがタイムズスクエア付近で無料のWiFiを提供している。AT&Tは自社の3GがiPhone利用者の密集でつながりにくくなることを避けるため、WiFi経由でトラフィックを逃がすことが目的のようだ。

そんなニューヨーク市で、今度は地下鉄の車内でも無料の無線LANが利用できるようになるかも知れない。それも駅構内だけではなく、つくばエクスプレスのように車内でもネットアクセスが可能になる可能性が出てきている。ニューヨーク市の交通局(Metropolitan Transit Authority:MTA)にはすでに複数のベンダーから車内の無線LAN提供の提案があるそうだ。

MTAに提案を行っているのは事業者のひとつは、NYFIというWiFiアクセスサービス提供者で、提案の内容は、マンハッタン島以北を走るメトロノース(Metro-North)鉄道の全線車内でアクセス時に広告を見せることにより、無料でWiFiを提供するというものだという。

また、ケーブルビジョン(Cablevision)社も提案を行っている。同社はニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州でWiFiサービスを展開しているが、その名称から分かるようにもともとはケーブルTV会社だ。ケーブルビジョンからMTAへの提案は、自社のケーブル契約者には無料で、そうでない乗客には有料で地下鉄内のWiFiアクセスを提供するというものという。

MTA側の狙いは「乗客満足度」の向上であり、WiFi利用料金を徴収することで自社の客単価を上げるつもりはないようだ。そのためMTAからのRFP(提案依頼書)は、WiFiアクセス設備などのベンダーを求めているのではなく、WiFiのサービスプロバイダーを選考するために出されたものとのこと。AT&Tも提案を出しているようだが、ベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless)からは出ていない模様。このRFPに対する提案の締め切りは、これまで何回か延長されているようで、決定までにはもう少し時間がかかるかも知れない。

【参照情報】
Competition to offer WiFi on New York commuter trains heats up (FierceBroadbandWireless)
AT&T Sets Up Free Wi-Fi In Times Square to Ease iPhone Load (Wall Street Journal)
NYFI Wants to Provide Free WiFi to New York City (BroadbandBreakfast.com)
Nokia,ニューヨーク市内の無料Wi-Fiサービスのスポンサーに (ITPro)
MTA路線図

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら