WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ノキア、ワイヤレスモデム事業をルネサスに譲渡

2010.07.07

Updated by WirelessWire News編集部 on July 7, 2010, 10:10 am UTC

Renesas Electronics
201007071010-1.jpg

ルネサス エレクトロニクスとフィンランドのノキアは7月6日、今後の通信規格に向けた半導体ソリューションとモデム技術の開発について、戦略的な事業提携契約を結んだと発表した。この一環として、ノキアのワイヤレスモデム事業をルネサスに譲渡する契約を締結した。さらに、次世代モデム技術を両社で長期的に共同開発することも決定した。

これはHSPA+やLTE以降の通信規格に向けての事業提携。ワイヤレスモデム事業はルネサスに約2億ドル(約180億円)で譲渡する。譲渡に伴い、ノキアの同部門の従業員1100人もルネサスに移管される。この事業の譲渡により、ルネサスはGSMからLTEまでの広範な技術を手に入れ、同社が持つマルチメディア技術などと組み合わせてワンストップ型のモバイルプラットフォームを提供する。

事業譲渡により、ルネサスはLTE時代の世界的な半導体メーカーとしての地位を確立したいと意気込む。一方のノキアは、下位レイヤーの事業を手放し、高度なモバイル端末の開発・製造やサービスとの融合といったコア事業に注力する。

【報道発表資料】
ルネサスがノキアのワイヤレスモデム事業を買収

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら