WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

BlackBerry利用制限の動きがドイツでも。サウジアラビアではRIMが譲歩して決着

2010.08.11

Updated by WirelessWire News編集部 on August 11, 2010, 11:40 am JST

201008111140-1.jpg

(cc) Image by Lauren Manning

アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、インド、レバノン、インドネシアなど各国でResearch In
Motion(RIM)社のBlackBerryのメッセージングと電子メールが、暗号化されており、サーバーが自国内にないことが問題視されている件で、サウジアラビアでは6日がデッドラインとされていたが、RIM社とサウジアラビア当局は交渉を続け、RIMが折れる形で合意に達したと報じられている。

サウジアラビアの携帯3社が、BlackBerryのユーザ・データをサウジアラビア国内で監視するシステムの試験を行っており、これによってサウジアラビア政府側としてもテロリストによる利用など安全保障上の問題がクリアできると判断している模様。RIMからのコメントはまだ出ていない模様だが、恐らく、他国でも同様に譲歩するものと思われる。

そんな中、ドイツの公務員は、BlackBerryはもちろん、iPhoneも使えなくなりそうだと8月9日にBloombergが報じている。とはいってもこちらは、「当局が暗号化された通信の内容を知ることができない」のが問題ではなく、位置情報や、ネットワーク接続を通して携帯に保存されている情報が漏れてしまう可能性が、セキュリティ上のリスクとして問題視されているようだ。

記事によるとドイツ内務省(Federal Ministry of the Interior)が連邦職員に対してBlackBerryやiPhoneはセキュリティ上のリスクがあることから、使用を控えるよう警告しているとのことだ。代わりに政府が去年から推奨しているのはドイツテレコム(Deutsche Telekom AG)が法人顧客事業ブランドT-Systemで開発した携帯電話機SiMKO 2である。VPNや暗号化を駆使し、カメラやGPS、WLAN、Bluetoothなどの「危険な(unsafe)」な機能は排除した携帯電話だという。

【参照情報】
German Ministry Warns Against Using BlackBerrys, IPhones(BusinessWeek)
Saudi Arabia, RIM Reportedly Agree on BlackBerry Use, U.S. Says(BusinessWeek)
T-Systemウェブサイト

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら