WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

富士フイルム、社内Webシステムに携帯から閲覧・入力できるイントラアクセスサービスを提供

2010.08.24

Updated by WirelessWire News編集部 on August 24, 2010, 10:10 am JST

Keitai Remote(ケータイリモート)
201008241010-1.jpg

富士フイルムは2010年8月23日、企業などのWebシステムに携帯電話からアクセスできるようにするサービス「Keitai Remote イントラアクセス」の提供を発表した。既存のパソコン向けのWebシステムに、携帯電話からアクセスして閲覧・入力などを可能にするSaaS型のソリューションである。同日から提供を始めた。

「Keitai Remote イントラアクセス」は、富士フイルムが開発した携帯電話専用ブラウザ「GT-Browser」を利用し、パソコン向けのWebサイトを携帯電話の機種ごとに最適な表示になるように変換する。GT-Browserを使うことで、イントラネットのコンテンツを携帯電話向けに作り直すことなく、レイアウトを崩さないまま携帯電話に表示できるようになる。利用者にとっては、パソコンで使っているときと同じようなレイアウトの画面で操作ができて利便性が高まる。一方で、システム管理者側にとっては携帯電話向けのサイトの構築や運用をせずに、携帯電話を使ったサービスを社員に提供できるようになる。

GT-Browser紹介ムービー:Keitai Remote(ケータイリモート)
201008241010-2.jpg

富士フイルムでは2009年に、携帯電話から社内のメールサーバーやファイルサーバーのファイルにアクセスできる「Keitai Remote メールアクセス」の提供を始めていた。今回、イントラネットのWebサービスにアクセスできるサービスを提供することで、企業の業務への携帯電話の活用をより一層進める提案をしたい考えだ。

【報道発表資料】
外出先から携帯電話でイントラWebに接続し、 業務関連情報を閲覧・入力できる! Keitai Remote イントラアクセスサービス提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら