WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

RIM、第2四半期の決算を発表 - 売上、利益とも予想を上回る

2010.09.21

Updated by WirelessWire News編集部 on September 21, 2010, 08:28 am UTC

Research In Motion
201009210828-1.jpg

「BlackBerry」を製造するカナダのリサーチ・イン・モーション(Research In Motion:以下、RIM)が現地時間16日、第2四半期の売上および利益を発表した。同社が6月に発表していた予想を上回る好調な結果となった。

RIMの発表によると、同社の第2四半期の売り上げは前年比31%増の46.2億ドルであり、6月に同社が発表した予想およびBloombergがまとめたアナリストの予想44.9億ドルを上回った。また同期の純利益は7億9700万ドルと前年同期の4億7600万ドルから大幅に増加。一株あたりの利益も1.46ドルとアナリストの予想した1.36ドルを上回る結果となった。

いっぽう、同期中の端末出荷台数は昨年同期を45%上回る1210万台であった。ただし、契約者数の増加は、第1四半期比40万人減少の450万人にとどまり、同社の予想を下回った。

調査会社IDCによると、今年第2四半期におけるスマートフォン市場のシェアは、アップルのiPhoneが14.2%(昨年第2四半期は13%)、またグーグルのAndroid搭載端末が17.2%(同1.8%)といずれもシェアを拡大。いっぽう、RIMのシェアは19%から18.2%へと後退しているという。

これまで仕事用の携帯電話として、Blackberryやマイクロソフトの携帯電話のみを許可してきた企業や政府機関のなかにも、Android搭載端末やiPhoneを許可する動きが広がるなど、RIMにとっては厳しいシェア争いが続いている。

なお、RIMでは第3四半期の業績について、売上が53億〜55.5億ドル、一株あたりの利益が1.62〜1.7ドルになると予想している。

【参照情報】
RIM's Profit Jumps, Subscriber Gains Slow - Wall Street Journal
RIM Sales, Profit Beat Estimates on Smartphone Demand - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら