WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

女性はApple・男性はAndroidが優勢-米スマートフォンユーザの次回購入意向調査

2011.01.05

Updated by on January 5, 2011, 18:00 pm JST

米Nielsenは2010年12月1日に10月の携帯電話のシェアと、次回購入時の意向調査結果を発表した。

発表によると、2010年10月の米国の携帯電話ユーザの29.7%がスマートフォンを利用している。スマートフォン利用者のOSシェアは、Apple iPhone OSが27.9%でトップ、RIM BlackBerry OSが27.4%で僅差の2位となった。Android OSが22.7%と3強で78%を占めた。

▼図1 米スマートフォンのOSシェア(2010年10月)
201101051800-1.jpg

来年スマートフォンに買い替えようとしている携帯利用者に最も買いたいOSを尋ねたところ、AppleのiOSとAndoroidがそれぞれ3割前後で拮抗していた。現スマートフォン利用者はApple iOSが35%、Androidが28%だったのに対して、非スマートフォン利用者ではApple iOSが25%、Androidが28%となっている。非スマートフォン利用者のスマートフォンへの乗り換えがどのくらいあるのかによるが、暫くシェアは拮抗するようにも考えられるが、意思表明していない浮動層が非スマートフォン利用者の25%あり、この層の動向に大きく左右されそうだ。

▼図2 来年買い替えする場合のスマートフォンOS(2010年8月〜10月、スマートフォン利用者と非利用者別)
201101051800-2.jpg

===

買い替え時に選択するスマートフォンOSを年齢別に集計したところ、決めかねている人の割合は、年齢が上がるにつれて多くなることがわかった。Apple iOSとAndroid OSの相対的な選考度合いは年齢によってそれ程大きな違いは出ていない。35歳〜54歳の層では若干Android OSの方が上回っているが、それ以外の年齢層ではApple iOSが若干高いという結果になった。

▼図3 来年買い替えする場合のスマートフォンOS(2010年8月〜10月、年齢別)
201101051800-3.jpg

買い替え時に選択するスマートフォンOSを男女別に集計したところ、男性はAndroidが32.6%でiPhone OSより4.0ポイント多かったのに対して、女性は逆にiPhone OSが30.9%でAndroid OSより8.1ポイント多かった。女性は決めかねている人の割合は女性が23.8%と多いが、女性はApple支持、男性はAndroid支持という傾向が出たと言えよう。

▼図4 来年買い替えする場合のスマートフォンOS(2010年8月〜10月、男女別)
201101051800-4.jpg

本調査について

Nielsenが毎月実施している調査データから。シェアは単月のデータ、利用意向は過去3ヶ月のデータ。

【情報ソース】
2010年12月1日のnilsenwireの記事
U.S. Smartphone Battle Heats Up: Which is the "Most Desired" Operating System?

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら