WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

NTTドコモ、環境センサーを全国展開し、気象や花粉の情報提供へ

2011.01.13

Updated by WirelessWire News編集部 on January 13, 2011, 10:10 am UTC

NTTドコモは2011年1月12日、環境センサーネットワークのセンサーを全国2500カ所に配置完了し、1月14日に商用提供を開始することを発表した。気象および花粉の実況情報を全国レベルで提供する。

気象センサーとしては、気温、相対湿度、風向・風速、降水量のデータを観測、蓄積する。センサーは気象業務支援センターの検定に合格したものを利用、リアルタイムに実況情報を提供する。

花粉センサーは、昨年にも関東・静岡エリアで観測していたが、これを全国に展開する。これらの実況情報は、気象予報会社を介して予報情報としてコンシューマに届けられる。また企業や自治体に情報を提供する「BtoB」「BtoG」のモデルでも提供する。今回の全国展開では、センサー設置拠点を約2500カ所に増やしたが、将来的には約9000カ所のセンサーネットワークを構築する計画である。

提供イメージ
201101131010-1.jpg

一般のユーザー向けには、NTTドコモが「ドコモ花粉ライブ!」として花粉情報の簡易閲覧サイトを提供する。花粉のリアルタイム実況情報に加えて、花粉対策のアドバイスなどを掲載する。提供期間は2011年1月14日〜4月30日で、情報料は無料。

画面イメージ
201101131010-2.jpg

【報道発表資料】
環境センサーネットワークの全国展開と、気象および花粉に関する全国実況情報の提供開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら