WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

モバイルNFC時代の到来が見えてきた

2011.02.18

Updated by WirelessWire News編集部 on February 18, 2011, 03:19 am JST

MWC 2011で見えた1つの潮流は、近距離無線通信の規格NFCを使ってモバイルペイメントなどがグローバルでも重要なアプリケーションになりつつあること。日本ではある意味でFeliCaを使ったおサイフケータイによって当たり前になっているサービスだが、NFCの広まりとともに世界でも一気に利用が進みそうなアプリケーションだ。

▼サムスンの支払いのデモmwc0217_nfc001.jpg

今回のMWCでは多くのブースでNFCを使ったソリューションやサービスの展示があった。例えば、サムスン電子のブースでは、NFCチップを搭載するGalaxy S IIなどを使って、交通系サービスやクレジットカードによる支払いのデモを行っていた。エリクソンの展示では、交通系に加えて、ホテルのカギの情報をモバイル端末に伝送してNFCで部屋の解錠をするといったソリューションも示していた。エリクソンでは、サービスプロバイダーやモバイルオペレーターが安全なサービス利用できるようにするTSM(Trusted Service Manager)としての機能を提供するという。

▼ホテルのカギとしてNFC端末を使うエリクソンのデモmwc0217_nfc002.jpg

NTTドコモもMWCのブースで、FeliCaとNFCの相互利用のイメージのデモを行った。NFC端末のリーダー/ライター機能を使って、ICカード型のFeliCaカードへのチャージを行えるようにするというもの。日韓でのNFCサービス相互利用の検討を進めている中で、「韓国からの旅行者が、FeliCaのカードを手にいれれば事前に自分の携帯電話でチャージができるといった利用法を考えている。NFCとFeliCaの共存の第一段階」(説明員)という。

▼FeliCaのカードに携帯電話でチャージmwc0217_nfc003.jpg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら