WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ソフトバンク、緊急地震速報への対応を本格化

2011.04.18

Updated by Naohisa Iwamoto on April 18, 2011, 19:22 pm JST

ソフトバンクモバイルは2011年4月18日、「緊急地震速報」への端末の対応を本格化させると発表した。今後発売する携帯電話およびスマートフォンへの機能の搭載を標準化する。

ソフトバンクモバイルでは、2011年度上期に発売する3G携帯電話とスマートフォンについては、一部機種を除き緊急地震速報機能を搭載する。さらに、2011年度下期以降に発売する機種では、すべてに当該の機能を搭載するという。また、発売済みのスマートフォンのうち「DELL Streak 001DL」「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」「HTC Desire X06HT」「HTC Desire X06HTⅡ」「HTC Desire HD 001HT」「Libero 003Z」については、ソフトウエアアップデートで順次機能の提供を行う。

iPhoneに関しては、緊急地震速報の機能を提供するアプリ「ゆれくるコール" for iPhone」をアールシーソリューションが提供している。ソフトバンクモバイルでは、アールシーソリューションに対して、アプリの通知速度の向上を目指してサーバー増強などの支援を行う。また、アールシーソリューションが近日提供する予定の「ゆれくるコール" for Android」についても支援を行う。

緊急地震速報の機能は、これまでソフトバンクモバイルの携帯電話では「831N」の1機種が備えるにとどまっていた。NTTドコモやKDDI(au)ではほとんどの機種がすでに対応済み。昨今の情勢から、他社との差が大きく感じられるようになっていた。

201104181922-1.jpg

【報道発表資料】
「緊急地震速報」への対応について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。