WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

中東初のLTE商用サービスはサウジアラビアか

2011.09.09

Updated by WirelessWire News編集部 on September 9, 2011, 16:30 pm UTC

201109091630-1.jpg

(cc) Image by Peter

2011年の第3四半期に商用LTEサービスを開始するとされていた中東のオペレータはサウジアラビアのモビリー(Mobily)とアラブ首長国連邦(UAE)のEtisalatだったが、Etisalatが第4四半期に延期するとの観測が流れている。これにより中東で初となる商用LTEはサウジアラビアのTD-LTEということになりそうだ。

モビリーは10月にもサービスを開始するのではないかと見られている。実際には両社は無関係ではなく、モビリーを提供するサウジアラビアのEtihad Etisalat社はUAEのEtisalat社が各国で行っている海外投資先である。

モビリーはサウジアラビア2位のモバイル事業者で、今年2月に華為(ファーウエイ)およびサムスンとのTD-LTE関連機器の供給契約を結んでいる。華為はモビリーの10月のサービス開始に合わせてB593というTD-LTE対応のブロードバンドルータも提供する。

UAEでのサービス開始遅れについては、技術的な問題ではなくマーケティング上の問題と見られている模様。中東では秋にラマダーンとラマダーン明けの祭礼があり、特にUAEのドバイではこの期間にビジネスが不活性になるという。

サウジアラビアでは、Al Jawwalブランドで携帯電話事業を提供しているシェア1位のSTCが2010年3月にLTEのトライアルを実施し、1年内のサービス開始を目指しているとされていたようだが、シェア2位のモビリーに抜かれた形。モビリーは既に提供中のWiMAXネットワークにオーバーレイしてLTEネットワークを整備するという。

【参照情報】
Operators battle to be first with Middle East LTE
Mobily Preps LTE TDD Launch
Samsung Drives Commercial LTE Service in Southeast Asia
中東・アフリカ初のLTEサービス開始へ,SamsungがサウジアラビアMobily社と提携

中東地域最大の携帯通信事業者、アラブ首長国連邦のエティサラートについての記事はこちら

アブダビを本拠地とするエティサラートは中東、アフリカ、アジアなど合わせて18カ国で事業を展開し、サービス加入者総数は約1億人に上る。

中東のエティサラート、ザインの株式取得を断念 - 株主間の調整難航と政情不安から

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら