WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

マレーシアの大手通信事業者マキシス、14億ドルの資金調達へ

2010.06.18

Updated by WirelessWire News編集部 on June 18, 2010, 11:06 am UTC

Maxis
201006181106-1.jpg

マレーシア最大の携帯電話事業者であるマキシス(Maxis Bhd.)で最高財務責任者をつとめるロッサーナ・ラシド(Rossana Rashid)氏は、同社が社債発行や銀行融資を通じて14億米ドル(45億リンギット)の資金調達を検討中であると、Bloombergとのインタビューのなかで述べた。

同社では調達した資金を、ブロードバンドネットワーク拡大のための投資のほか、一部はつなぎ融資の返済にも充てる方針だという。調達のストラクチャは未定だが、今後3ヶ月から6ヶ月をめどに調達の実施を検討しているという。

大富豪のT. Ananda Krishnanの強い影響下にある同社は、昨年11月に東南アジア最大規模の株式公開を実施し、35億ドル(112億リンギット)を調達した。今回の融資が実現すれば、今年は4.4億ドル(14億リンギット)を投下して、同社のブロードバンドネットワークを強化し、急増する需要に対応する計画だという。同社は今年中に人口カバー率80%を達成したいと表明しており、音声だけでなくデータ通信やブロードバンド市場を狙っていくとみられる。

なお、マレーシア政府は2011年にLTE用の周波数帯割り当てを予定しており、3つの席をめぐって4社が争うことになる可能性が高いとみられている。

【参照情報】
Maxis May Raise $1.4 Billion to Expand, Repay Debt (Businessweek)
マレーシア政府、2011年にLTE周波数を3社に割り当てへ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら