WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ソニーとエリクソンの「ハッピーエンディング」 - 「JV解消」への反応

2011.10.28

Updated by WirelessWire News編集部 on October 28, 2011, 19:46 pm JST

昨日発表されたソニーによる、ソニーエリクソンの完全子会社化のニュースに関して、海外(英語)媒体が掲載した記事のなかから目に留まったものをいくつか紹介する。

まずGigaOMでは、同媒体を主催するオム・マリク(Om Malik)氏が、この関係解消で「ほんとうに得をするのはエリクソン(Ericsson)」とする主旨の記事をあげている。エリクソンは、ソニーエリクソン(Sony Ericsson:以下、SE)設立からの11年間にあわせて10億ドル近い資金を同JVに注ぎ込んできたが、今回の株式譲渡により、この投資を超える金額を回収できる目処が立った、というのがその理由。

フィーチャーフォン全盛の時代にいくつかのヒット商品を生み出したこともあるソニーエリクソンだが、近年は市場シェアの低迷がつづき、AndroidへのOS切替でようやく持ち直した感も出てきているものの、直近の決算でも収支はほぼトントンといた状況にある。そんなSEの株式売却にあたって、エリクソンが知的財産のクロスライセンスや特許の譲渡などを条件に含むとはいえ、ソニーから10億5000万ユーロ(日本円で約1115億円)の代金を得る話をまとめられたことに感心した、ともマリク氏は記している。また、エリクソンは今後シーメンス(Siemens)とのJVであるSTエリクソン(ST Ericsson)から手を引くことができれば、あとは目下最大の脅威である中国ファーウェイ(Huawei)とのインフラ分野での「一騎打ち」に専念できる態勢が整うとも指摘している。

いっぽう、ソニーについても、これまではエリクソンへの気兼ねから、SEのもつ潜在力を十分に引き出せていなかったとした上で、完全子会社化により足かせが外れることから、とくにインドや中南米など成長が期待できる市場で、そのブランド力を活かした活動が展開できるほか、他のAndroid端末メーカー各社との争いでも、サムスン(Samsung)やHTCなどの上位各社と張り合えるよう可能性が出てきたと指摘。ただし、ソニーにとってはこれがグローバルなスマートフォンメーカーとして生き残れる最後のチャンスとも記している。

これに対し、FastCompanyでは、中核事業に資源を集中できることになるエリクソンにとって、この関係解消が優れた経営であると同時に、「世界第6位の携帯電話メーカー」であるSEよりも、ブランド力で勝る家電メーカーのソニーが手がけたほうが、携帯端末事業の勝算も高まるとしている。

世界の携帯電話市場におけるソニーエリクソンのシェアは今年第2四半期に1.7%となり、前年同期の3%から後退(米ガートナーの調査データ、WSJ記事による)。ただし、7-9月期には、アジア地域の売上が前年同期比81増の9億8500億ユーロとなり、同43%減となった欧州などからの売上減少分を補ったという。また、Androidスマートフォンのメーカー別シェアでも約12%を占めていた(Bloomberg記事による)。

WSJ記事では、ソニー側での「合理化」によるアップサイドを指摘するアナリストのコメントが興味深い。調査会社カナリス(Canalys)のピート・カニングハム(Pete Cunningham)氏によると、ゲーム端末「PSP」との重複(共食い)が懸念されたSEの「Xperia Play」は、グループ内で十分な協力が得られなかったことなどから、発売からの3四半期であわせて70万台程度しか売れていなかったという。同氏は、ソニーがスマートフォン事業を完全掌握することにより、今後はこうしたケースが減り、アップル(Apple)のような製品とサービスとを統一性のとれた形で提供することが期待できるとしている。

いっぽう、Bloombergでは、ソニーエリクソンが4000件を超える通信関連の特許を保有しているほか、今年夏に売却されたノーテル(Nortel)の特許についてもすべてライセンス契約を結んでいると記している。このオークションでは、エリクソン、ソニーの両社が、アップルやマイクロソフトなどとともに約45億ドルを支払って6000件を超えるノーテルの特許を獲得していた。

【参照情報】
Without Sony, Ericsson finally becoming broadband player - GigaOM
Good Call: Why Sony's Ericsson, Smartphone Moves Are...Smart - FastCompany
Sony Buys Ericsson Stake in Handset Joint Venture - WSJ
Sony Buys Ericsson's Stake in Phone Venture for $1.5 Billion - Bloomberg
ソニー、ソニエリ株を買い取り完全子会社化へ
ソニー・エリクソン、PlayStationのゲームができる「Xperia PLAY」など3機種を発表
ノーテルの知財オークション、アップル、ソニーなどのグループが45億ドルで落札

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG