WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

iPhone 4Sのバッテリー残量問題、原因はiOS 5のバグ - アップル、ソフトウェアアップデートを投入へ

2011.11.04

Updated by WirelessWire News編集部 on November 4, 2011, 09:11 am UTC

アップル(Apple)は米国時間2日、「iOS 5」が動作するiPhoneやiPadの一部で、同OSに見つかったバグの影響からバッテリー駆動時間が想定より短くなってしまう問題が発生していることを認めるとともに、これを修正するソフトウェアアップデートをまもなくリリースする予定であることを明らかにしたと、AllThingsDブログなどが伝えている。

AllThingsDブログでは、この問題についてアップルに問い合わせたところ、「iOS 5のなかにいくつかのバグがあり、それがバッテリー駆動時間に影響を与えていることが判明している。2〜3週間以内にこれらのバグを修正するソフトウェアアップデートをリリースする」との回答があったと記している。

iOS 5は10月なかばにリリースされ、同14日に発売されたiPhone 4Sにも同OSが搭載されている。このバッテリーの持ち時間の問題--待ち受け時にも、バッテリー残量が目に見えて減っている--などについては、リリース後から一部のユーザー間で話題となっており、先週には英Guardianが、アップルのエンジニアがiPhoneユーザーに情報提供を求めて接触した例もあると報じていた。

アップル系ブログなどでは、この問題について、「位置情報サービス」の一部の機能に原因があるのではないかといった指摘も出ていたが、AllThingsDによると、アップルは詳しい情報を明かしていないという。

なお2日には、iOSアプリ開発者などに向けて、このバッテリー駆動時間の問題などを修正する「iOS 5.0.1」のベータ版がリリースされたと、MacRumorsブログなどが伝えている。

【参照情報】
Apple Confirms iOS 5 Bugs Causing Battery Issues for Some iPhones - AllThingsD
Apple engineers contacting iPhone 4S owners to solve battery life puzzle - guardian.co.uk
Apple Seeds iOS 5.0.1 Beta: Multitasking Gestures for iPad 1, Battery Life Improvements - MacRumors
Apple: Battery fix update for iPhone 4S coming in "a few weeks" - GigaOM
Apple looking into iPhone 4S battery issues. Is yours affected? - GigaOM

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG