WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ノキア シーメンス ネットワークス in Mobile World Congress 2012

2012.03.09

Updated by WirelessWire News編集部 on March 9, 2012, 00:00 am JST Sponsored by NOKIA

ノキア シーメンス ネットワークス in Mobile World Congress 2012

ノキア シーメンス ネットワークスが2012年のバルセロナで出典した技術を紹介。同社グローバル・マーケティングトップが、2012年の通信市場の見通しを語る。

「インタビュー」

photo

シグナリング爆発は3年前に警鐘、技術力とユニークな製品群に強み──ノキア シーメンス マーケティング担当バリー・フレンチ氏

急速なスマートフォンシフトは、グローバル市場で日本に先駆けて進んでいる。通信事業者は、内外にかかわらずその潮流に対応するインフラ整備が必要だ。グローバル市場で通信事業者にネットワークシステムを導入するノキア シーメンス ネットワークスは、モバイル通信の潮流をどう捉えているのか。グローバルと日本の関係は、そして今後のノキア シーメンス ネットワークスの目指すところは──。スペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congress(MWC) 2012の会場で、同社のグローバルのマーケティング部門のトップを務めるバリー・フレンチ氏にインタビューした。

 

「ピックアップ」

photo

トラフィック過密地帯に100もの小セルを低コストで構築できる「Flexi Zone」

利用者が集中する場所で通信容量を確保するには、スモールセル(小セル)を配置する対策が効果的だ。そのためには、繁華街の中心部や多くの人が集まる建物内に、小型とはいえたくさんの基地局を設置しなければならない。これは非常にコストのかかる作業であり、またセル間の干渉を防ぐための設計や運用にも手間がかかるようになる。



photo

サービス品質の積極的な向上を支援するポータル「CEM on Demand」をデモ加入者の数が飽和する先進国市場では、通信事業者のサービスに対する「カスタマーエクスペリエンス」が重視されるようになってきた。つながりやすいか、高速でダウンロードできるか、ビデオを途切れずに見られるか――といった、顧客がサービスの体験から受ける満足度を高めることが、顧客の囲い込みにつながる。



photo

マルウエアによるリスクを回避するセキュリティ対策ソリューションMWC 2012のノキア シーメンス ネットワークスのブースでは、通信事業者が導入することでエンドユーザーのリスクを回避するセキュリティ対策ソリューションのデモが行われていた。スマートフォンの普及進展に歩調を合わせて、スマートフォンを狙う悪意あるソフトウエアである「マルウエア」も増えている。デモがあったのは、エンドユーザーを悪意ある課金から守るためのソリューションである。

 

フォトレポート

photo

展示フォトレポートアクティブアンテナ、キャリアアグリゲーション、Multiflowなどの技術展示や、M2M、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)などのデモンストレーションをレポート。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG