WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ユーザー1人あたりのアプリ売上、アマゾンがグーグルの3倍以上に(米調査)

2012.04.02

Updated by WirelessWire News編集部 on April 2, 2012, 11:11 am JST

米調査会社フルーリー(Flurry)から、アップル(Apple)、アマゾン(Amazon)、グーグル(Google)のアプリ売上を比較した調査結果が発表されている。

201204021110.jpg
[Flurry]

この調査レポートは、1月半ばから2月の終わりまでの45日間のデータを元にしたもので、それによるとアップル「iTunes (App) Store」が100%に対し、アマゾン「Appstore」が89%、そしてグーグル「Google Play」(旧Android Market)が23%になったという。

アマゾンのAppstoreとグーグルのGoogle Playは、同じAndroidアプリを販売しているが、それでも売上に大きな差が生じている理由について、フルーリーでは両社の小売分野における力の差と分析。またユーザーにとっては同じアプリでも信頼のおけるAmazonのほうが購入しやすく、アプリ内課金も容易としている。

アプリ開発者にとって収益はどのプラットフォームでアプリを開発するかを決める重要なポイントであり、今後はiOSとならんでアマゾン経由でのAndroidアプリ提供を視野に入れる開発者がさらに増加すると、フルーリーは予測している。

【参照情報】
For Generating App Revenue, Amazon Shows Google How to Play - Flurry
Hey devs, Amazon apps can make almost as much as iOS apps - GigaOM
$1 on Apple's App Store is 89¢ on Kindle and 23¢ on Android - Apple 2.0(Fortune)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら